2021.04.09 Fri

暖かくなってきたらご注意! 最新のゴキブリ対策

暖かく過ごしやすい陽気になり、気持ちも上向きになる春ですが、反面、冬は息を潜めていたあの害虫の発生が気になるという方は少なくないでしょう。 気温が上がる春は、まさにゴキブリの卵が孵化する季節。対策は、夏になる前の、数が少なく動きの鈍い幼虫のうちにしておくのが重要です。そこで、害虫防除の専門家である白井良和さんに侵入経路や最新の対策についてお聞きしました。

そもそもゴキブリは
どこから侵入するの?

突然リビングに黒い影を発見して、悲鳴を上げた経験はありませんか。どこからともなく現れるゴキブリ。おもな侵入経路となる場所をお聞きました。
「マンションの場合、排水口から上がってくることが多いです。例えば、洗濯機の排水口、洗面台下の配管隙間などです。そのほかですと、窓の隙間、ドアの隙間です。ゴキブリは数mmの隙間でも侵入可能ですので、家中のいたるところに侵入経路があると思ってください」
「ゴキブリを1匹見つけたら100匹いる」という噂を聞いたことはないでしょうか。白井さんいわく、この噂は当たっていることの方が少ないとのこと。
「1匹だけ侵入している場合がほとんどだと思います。しかし、見つけた1匹を駆除したとしても、その後、防除対策は行った方が良いです」

重点的にゴキブリ対策を
行いたい場所トップ3

次に、重点的に対策を行いたい場所と、その対策についてお聞きしました。

■洗濯機の排水口

排水管と排水パンの両方を網戸の網で巻くようにして排水管周囲を覆い、ことごとく粘着テープで固定します。さらに、近くに毒餌剤と粘着トラップを仕掛けます。

■洗面台下や台所シンク下の配管隙間

隙間を粘着テープで塞ぎ、近くに毒餌剤と粘着トラップを仕掛けます。

「粘着トラップは、洗面台やシンク下にモノがある場合、モノをよけて底面を空けて置ける場所に置ければ、場所を問いません。洗濯機近くは湿気で紙がふやけやすいので、濡れにくい場所を探して工夫して置いてみてください」

プロが薦める
ゴキブリ対策グッズ

続いて、白井さん一押しの駆除グッズを教えてもらいました。

■毒餌剤

ゴキブリが出没しやすい洗面台下や台所シンク下に置きます。最終的にゴキブリをいなくするには最も効果的です。尚、毒餌剤には、効果が高い順にフィプロニル、ヒドラメチルノン、ホウ酸があります。パッケージの成分を見て、選んでみてください。

■ワンプッシュ型スプレー

わりと新しいタイプの対策グッズです。ゴキブリがいそうな隙間、冷蔵庫の裏や家具の裏、洗濯機の下などにワンプッシュするだけで、薬剤が隅々まで届き、隠れたゴキブリを追い出して退治することができます。また、後から来たゴキブリも退治できるので、ゴキブリが住みつくのを防ぐことができます。ゴキブリを見かけたとき、見かけてはいないが心配なときの両方に使えます。効果は約1ヶ月。蚊のワンプッシュ型スプレーと同じく、少量で効果があります。

■凍らせて殺す殺虫剤を含まないスプレー

殺虫剤でなく、温度を下げて殺すので、殺虫剤を使いたくない方にお勧めです。見つけたら直接噴射します。 ゴキブリ以外の害虫にも使えますし、キッチンやダイニングなどでも、お子さんやペットのいるご家庭でも安心して使えます。

日常的にできる対策は?

日頃の生活では、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

■エサを与えない

生ゴミは排水口のゴミ受けや三角コーナーに残さず、袋に入れてしばってこまめに捨てましょう。

■住処となる場所を作らない

新聞紙や段ボールをなるべく置かないようにすることが大事です。以前、飲食店で壁に掛けてあるカレンダーの裏側に多数いたことがありました。暖かく湿気があり、暗いところを好むゴキブリにとって、ダンボールや紙の間というのは、住処とするにはもってこいなのです。

■侵入口を作らない

侵入口をふさぐには、窓には網戸をつけ、サッシとの隙間がある場合はテープで密閉してください。

駆除業者に依頼したいというご家庭もあるでしょう。
駆除業者を選ぶ際に、気を付けたいポイントは? さらに、駆除業者にお願いすれば、ゴキブリを一掃できるのでしょうか。
「金額や対応はもちろんのこと、見かける場所の聞き取りなど、事前にしっかり調査をしてくれるかどうかが大切なポイントです。ゴキブリを一掃できるか否かは、環境に左右されます。外から次々と新しくゴキブリが入って来られる環境とは、密集した住宅地、ゴキブリが排水から上がってこられるマンション、近くに飲食店がある場合などです。また、たびたびこれまでゴキブリを見かけてきた環境では、1回だけの駆除でなく、簡単なチェックだけでも毎月行ったり、数ヶ月ごとの駆除をしたりするなど、定期的な調査・駆除をするのがよいでしょう」

家の中で見かけただけでもショックなのに、取り逃がそうものなら、心配で夜も眠れない……という方もいるかもしれません。そんなことにならないためにも、この時期からの防除対策が大切です。日頃から注意して、ゴキブリを寄せ付けない家を目指しましょう。

<教えてくれた人>
害虫防除技術研究所代表/有限会社モストップ取締役
白井良和さん
1994年京大農卒、1996年京大大学院農学研究科修了、1996年メーカー研究部研究員(ゴキブリベイト剤の研究開発)、2001年富山医薬大大学院医学系研究科博士後期課程修了。「蚊の吸血誘引に関する総合的研究」で医学博士号を取得。2001年3月、害虫防除技術研究所設立。2002-2004年、害虫駆除会社で害虫駆除業務を行う。2003年12月24日、蚊駆除業務を柱に有限会社モストップを創業。ECサイトで害虫対策商品販売、蚊など害虫の試験、書籍の出版、メディア協力、動画配信、Web記事監修を行っている。

写真:

矢部ひとみ

ライター: