2021.06.04 Fri

手軽に梅雨の防水対策!雨のベタつきや泥汚れをおさえる方法

長雨の続く季節がやってきました。傘や靴、バッグなどにあらかじめ防水対策しておくだけで、梅雨時期のベタつく傘や泥汚れを軽減することができます。そこで、本格的な梅雨入りの前にしておきたい手軽な防水対策を、家事アドバイザーの河野真希さんに教えてもらいました。

防水対策は
梅雨前に準備したい!

傘やレインコートなどの出番が増える梅雨は、完全に乾く前にまた使うという繰り返しになりがちです。「防水スプレーを吹き付けることで、物の表面がコーティングされ、水をはじきます。防水スプレーは吹きかけてすぐには効果を発揮しないため、しっかりと乾燥させてから使いましょう。本格的な梅雨が始まる前に使っておくのがベターです。また、汚れたり濡れたりした状態のものにスプレーしても効果が薄くなります」

雨から守るだけじゃない!
防水対策のメリット

防水スプレーをするベストなタイミングは、買ったばかりの新しい状態だと言う河野さん。「新しいものを買ったら、まず防水スプレーをかけてから使用しましょう。靴やバッグなどは雨が降っていないときでも埃や泥などがつきやすいので、定期的に防水スプレーをしておくと、汚れを防ぐことができ、長く使用できるようになります。また、ジャケットなどのアウターなどにも防水スプレーをしておけば、洗濯やクリーニングの頻度が減らせますし、紫外線カット機能がついた防水スプレーを使えば、日焼けによる傷みや色あせなども防ぐことができます」

防水対策必須のアイテムは?

梅雨入りが迫っている今、防水対策をしておくとよいアイテムを教えていただきました。「これから夏にかけて出番の増える傘やレインコート、レインシューズ、バッグ、靴、ジャケットなどのアウター、クリーニングに出さなければならないような洗濯機で洗いにくい素材の洋服も防水対策をしておくとよいでしょう」

オススメの防水アイテムをチェック!

防水対策のグッズにはどのようなものがあるのでしょうか。揃えておきたい防水アイテムを見ていきましょう。

■防水スプレー

防水効果が高く、日頃の対策に使いやすいのは防水スプレーです。「防水スプレーは大きく分けてフッ素樹脂とシリコン系の2種類のタイプがあります。靴や衣類、バッグなど、素材を選ばずに幅広いアイテムに使えるのはフッ素樹脂系です。洗濯が難しい皮製品にも使うことができ、水だけではなく、油も弾くので油汚れも防げます。シリコン系は撥水機能が高く、比較的効果が長持ちするので、雨に濡れるレインコートや傘、長靴などのレイングッズにおすすめです。ただし、通気性が悪くなるので、肌に直接身につける衣類には向きません。また、皮製品に使うとシミになりやすいので避けましょう」

■防水効果の高い折りたたみ傘カバー

いつ雨が降ってくるかわからない中、常に持っていたいのが折りたたみ傘。この折りたたみ傘専用の防水効果の高い別売りの傘カバーがとても便利です。「濡れた折りたたみ傘はたたんだときに持ち運びが邪魔になりやすいので、カバーがあると濡れたままでもバッグの中に入れられます」

■バッグ用の防水カバー

バッグが雨に濡れるのを防いでくれる防水カバーも、さまざまなタイプが出ています。「バッグ用の防水カバーを使うことで、大雨の日に持つバッグやリュックなどが雨に濡れ、中に入っていた大切な書類にも影響が出てしまうダメージが防げます。自転車のカゴカバーになるタイプもあるので、使いやすい形やサイズ、デザインのものを探してみましょう」

■シューズカバー

靴を濡らさないようにできるのがシューズカバーです。「突然の雨に備えて、バッグの中に入れておくと便利です。ヒールのある靴に対応できるタイプもあります」

■マイクロファイバータオル

吸水性が高く、速乾性にも優れているマイクロファイバータオルは、梅雨時期の外出時には必ず持っていくという河野さん。「マイクロファイバーは吸水性が高く、速乾性もあるため出先で濡れたときにしっかり拭けて、場所があれば干しておくとすぐに乾きます。そのため、持ち帰りやすいです。折りたたみ用傘カバーと同様に備えておくとよいでしょう」

■靴乾燥機

余力があれば、靴乾燥機も用意しておきたいアイテムだとか。「防水スプレーや防水カバーを用意していても、やはり靴が濡れる事態を完全に避けることはできません。濡れた靴を放置しておくと、嫌なニオイやカビが発生したり、靴が傷む要因になったりしますので、早めに乾かすようにしましょう。布団乾燥機に靴乾燥機が付いているものもありますね。梅雨時期は布団も干せないので、両方を兼ね備えたものがあると便利です」

防水スプレーをしておくだけでも、雨で濡れるわずらわしさが解消されるのがわかります。どの方法もすぐに取り入れられる手軽なものばかりなので、ぜひ、梅雨を乗り切る対策として取り入れてみましょう。

<識者プロフィール>
家事アドバイザー/一人暮らしアドバイザー/料理家
河野真希さん
自らの一人暮らし体験を元に取材や研究を重ね、2001年からWebを中心に各種メディアで暮らしに関する情報を発信。料理や家事、インテリアなどで気持ちのいい暮らしを手に入れるためのライフスタイル提案を行っている。流行や思い込みにとらわれずに、無理なく持続可能で快適な、自分らしい暮らしづくりのサポートに力を注ぐ。2016年からは『料理教室つづくらす食堂』も主宰。

写真:

矢部ひとみ

ライター: