2019.11.22 Fri

後回しにしないで!年末は2ステップの簡単窓サッシ掃除

汚れが溜まっていることはわかっていても、つい後回しにしがちな窓サッシの掃除。長期間ほったらかしにしていると、汚れがこびりついて落としにくくなったり、カビが発生することも。たったの2ステップで簡単にできる掃除法を紹介します。

後回しになりがちな
窓サッシの掃除

こちらのお宅で暮らす髙橋さんが窓サッシの掃除をする頻度は、半年に一度程度。うっすらと汚れが溜まっているようです。
「冬になると窓に結露ができ、それを放っておいたら、サッシにカビが発生したこともありました。定期的に掃除をした方がいいのはわかっているものの、後回しになってしまいがちです……」。そんな髙橋さんに、簡単にできる掃除方法を体験してもらいました。

窓サッシ掃除に
必要な4点セット

<用意するもの>

  • クイックル ハンディ 伸び縮みタイプ
  • クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート
  • 割り箸
  • 輪ゴム

アイテムはこれだけなので、面倒な窓サッシ掃除のハードルが下がりそうです。それでは、早速掃除を始めましょう。

たったの2ステップ!
簡単掃除法

1.クイックル ハンディで溝のホコリをオフ

『クイックル ハンディ』のもふもふの部分を窓サッシの溝に沿わせ、スライドさせます。伸び縮みタイプなので、柄を伸ばした状態で使えば、立ったまま掃除ができてラクラク!「これまでは、かがんで濡れ雑巾で拭き取っていました。でも、雑巾だと溝の奥まで届かず、竹串も使っていました」
もふもふのハンディシートの先端部が汚れてきたら、先端と持ち手側を逆さに付け替えるだけでOK! 

2.隅にたまった汚れには立体吸着ウエットシートを!

隅にたまった細かな砂や、固まった泥汚れは、割りばしに、小さくカットした『クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート』を巻き付けた棒で拭くとキレイになります。シートのほどよいウエット感と、凸凹センイの力で、落ちにくい汚れまでピカピカに。
「隅に溜まった汚れにはいつも苦戦していたのですが、これなら簡単でいいですね。汚れたらそのまま捨てられるのもラク」

わずかな手間で
こんなにキレイに!

わずか2ステップで、この通りピカピカに!「冬の寒い中、濡れ雑巾片手にゴシゴシやらなくていいのはうれしいですね。スポンジに洗剤を含ませて洗い流す方法もありますが、そうすると拭き取りが面倒。寒い冬も、手を濡らさずにここまでキレイになるので、思い立ったときにサッシ掃除ができそうです」

クイックル ハンディで
“ちょこっと”掃除を習慣に

『クイックル ハンディ 伸び縮みタイプ』は伸縮自在で、棚の上やエアコンの上部など、高いところやすき間の奥も簡単に掃除できます。柄を縮めれば、パソコンやテレビまわり、本棚や小物の間など、手元のホコリ取りに役立ちます。『クイックルハンディ』で、思い立った時の“ちょこっと掃除”を習慣にしましょう!

おすすめの商品はこちら

・クイックルハンディ 伸び縮みタイプ

・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

写真:

矢部ひとみ

ライター: