2019.11.22 Fri

スタイリストが提案 素敵なクリスマスディスプレイ&掃除術

心弾むクリスマスシーズンがやってきました。インテリアスタイリスト・みつまともこさんのご自宅も一気にクリスマス仕様に。憧れの大きなツリーから、取り入れやすそうな飾り棚のスタイリングまで、インテリアにマッチするディスプレイを教えてもらいました。

部屋をクリスマス仕様に彩る
スタイリングアイデア

■飾り棚

みつまさん宅のリビングで、ひと際目を引くのは素敵な飾り棚。普段はお気に入りの雑貨を飾って楽しんでいるそうですが、毎年この時期になるとクリスマス仕様にチェンジ。赤い布やキャンドル、松ぼっくり、シンプルなリースをセンス良くディスプレイ。「クリスマスモチーフのものが少なくても、赤い雑貨や素材感で簡単に季節感を演出できます。子どもっぽい雰囲気にならず、他のインテリアにも馴染みます」とみつまさん。

■ツリー

大きなクリスマスツリーは憧れ。みつまさん宅のリビングにあるのは、今にも天井に届きそうなほど大きな1本。オーナメントは、透明・ゴールド・レッドの3色を基調に、シンプルなデザインを採用。「定番の3色をベースに、今年はフェイクファーのオーナメントをアクセントに取り入れみました。なんだかツリーに降り積もる雪のようでロマンチック。毛が長いものや短いもので、リズムをつけるのもいいですね」

■スワッグ

季節問わず、スワッグづくりを楽しんでいるみつまさん。乾燥による色の変化はもちろん、香りも楽しむことができるのが生のスワッグの良さだそう。「クリスマスの季節には、ヒムロスギなど針葉樹っぽいものや、彩りになる赤やオレンジのケイトウ、赤い実のサイキライを選んで。葉っぱは大小いろいろ入れるとまとまります。レモンリーフやユーカリで香りも爽やかになります」。ゴムなどでしっかり縛ってからハギレ布を結べばさらに素敵に。ここでは冬らしいチェック柄をチョイス。

キレイをキープする
ディスプレイの掃除術

「わが家はディスプレイや見せる収納がたくさんあるので、『クイックルハンディ 伸び縮みタイプ』が大活躍です!」。みつまさんは棚の上段にある小物と小物の間をするするとお掃除。お気に入りの雑貨に、ホコリはかぶせたくないもの。「これさえあれば、台の上に乗ったり、いちいち小物を動かして掃除しなくてもいいので楽ですね。エアコン周りや天井などの高いところでもしっかり届くので、とにかく重宝しています」

1ヵ月半近く、リビングに飾るクリスマスツリー。お気に入りのオーナメントにホコリが溜まっていたらがっかりです。「ガラスのオーナメントは意外とホコリも目立つもの。クリスマスに向けて、わが家に人が集まる機会が増えていくので、こまめに掃除を欠かさないようにしています」。こんな風に持ち手を縮めれば、手元の掃除も楽々。オーナメントをやさしく撫でるだけで、細かいホコリまで残さずにからめとってくれます。

おすすめの商品はこちら

・クイックルハンディ 伸び縮みタイプ

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

<プロフィール>
みつまともこさん
(株)サザビー(現サザビーリーグ)でディスプレイの仕事に携わり、その後、フリーランスとしてお店やイベントのディスプレイデザイン、雑誌のスタイリングなどを手掛ける。小学3年生のママ。
www.mitsumatomoko.com
Instagram:@mitsumatomoko

写真:

伊藤大作

ライター: