2020.02.14 Fri

ふかふか寝具で朝まで快適!花粉シーズンのふとんの干し方

花粉の季節になると、ふとんに付着するのが気になり、天日干しを避けるご家庭は少なくないでしょう。津田さんもその一人。でも日光に当てたふかふかのふとんで眠りたいそう。そこで、花粉を寄せつけにくいふとんの干し方を試してもらいました。

ふとんを干す前にスプレーし
花粉の付着を防ぐ!

まず、ふとんを干した状態で、20~30cmくらい離れたところから、ふとんの表面全体に静電気防止成分配合の衣料用除菌消臭剤を表と裏に全体がまんべんなく湿る程度にスプレーしましょう。ふとんの消臭と除菌に加え、花粉やホコリの付着も防げます。

ふとんの表面を
軽くはたいてから取り込む

ふとんを取り込むときに、力強くたたくのはNG。付着した花粉が細かく分散してしまいます。表面を軽く手で払うようにしましょう。しっかりと花粉を取り除きたい場合は、ふとん全体にまんべんなく掃除機をかけてください。

ふとんが干せないときは
ふとん乾燥機の出番

花粉の付着が気になり天日干しを避けたい方は、ふとん乾燥機がオススメ。梅雨の時期や冬でも活躍するので、1台あると重宝します。

家電のプロ・石井さん推薦!
ふとん乾燥機

ふとん乾燥機は、マットの有無で大きく分けて2種あります。そこで、それぞれのタイプの特長とおすすめ製品を、家電プロレビュアーの石井和美さんに聞きました。

■マットなしタイプのイチオシ!

◆アイリスオーヤマ『ふとん乾燥機 カラリエ ツインノズル(KFK-W1)』

「ふとん乾燥機のマットなしタイプは、ノズルを伸ばすだけで手軽に使えるところと、コンパクトに収納できることが魅力です。この製品は立体ツインノズルで、2組のふとんを同時乾燥できます。1枚のふとんに2本のノズルを使ったハイスピード乾燥も可能。靴を乾燥させる専用器具も2足分付いています」

■マット付きタイプのイチオシ!

◆三菱電機『フトンクリニック(AD-X80)』

「マット全体に均一温風が行き渡るので、ふとんのすみずみまでムラなく乾燥させられます。このマットは、ダブルサイズまで対応できる大きさ。シングルならば、掛ふとんを包むようにして乾燥させ、ダニ対策を念入りに行えます。洗濯小物乾燥や、ホースに一体化した乾燥ノズルで、靴乾燥もできます」

心地よいふとんで
快適な睡眠を

「花粉の付着を防いで天日干しができるのは嬉しいですね。ふとん乾燥機も併用して、ふとんのケアをしたくなりました」という津田さん。花粉が気になる方は、ふとんに付着する花粉を除去して、心地よいふとんをキープしましょう。

おすすめの商品はこちら

・リセッシュ 除菌EX プロテクトガード

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

<プロフィール>
石井和美さん
家電プロレビュアー/フリーライター。家電プロレビュアー歴15年。白物家電や日用品の製品レビューを中心に、新聞、雑誌、WEB媒体や企業のオウンドメディアなどでも多数執筆中。家電をテストするための一戸建てのレビューハウス「家電ラボ」のオーナー。
【HP】http://kaden-blog.net

写真:

矢部ひとみ

ライター: