2021.01.29 Fri

おうちご飯が充実! おいしい鍋レシピ&土鍋の洗い方

すっかり寒くなったこんな季節は家族団らん、鍋料理で温まりたいですよね。そこで料理研究家の高橋さんに、大人も子どもも楽しめる“土鍋”を使った鍋メニューを教えてもらいました。遠赤外線効果のある土鍋は、じんわりと温まるから食材の旨味を最大限に引き出してくれます。土鍋にこびりついた頑固な汚れを簡単に落とす洗い方も要チェック!

寒い冬にオススメ!
家族で楽しめる鍋メニュー

メニュー1:鶏だんごと味噌と甘酒の発酵鍋

鶏だんごやエビ、野菜がたっぷり詰まったボリューム満点の鍋。味噌と甘酒が溶け合あったコクのあるスープには、鶏団子やエビの凝縮された旨味がたっぷりとしみでて、最後の一滴まで飲み干したくなるほどの美味しさです。
「鶏だんごからいいだしが出るので、ほかの具材より先に入れてじっくり煮込みましょう」

●材料(4人前)

〈A〉鳥だんごのたね
・鶏ひき肉 300g
・ショウガ(すりおろし) 1片分
・醤油 小さじ1
・砂糖 2つまみ
・酒 大さじ1
・ごま油 大さじ1弱
・塩 ひとつまみ
・片栗粉 大さじ1と1/2

・だし汁 1000ml
・甘酒 220ml
・塩 小さじ1強
・お好みの味噌 大さじ7〜8 
・エビ 3〜4尾
・白菜 1/2株
・シイタケ 4個
・ネギ 1本
・ニンジン 1/2本
・豆腐 2/3丁
・水菜 1束

●つくりかた

  1. ボウルにAを入れ、粘りが出るまで練り合わせる。直径3㎝ほどに丸める。
  2. 鍋にだし汁、甘酒、塩を入れ火にかける。煮たったら味噌を溶き入れる。1を加え弱火にかける。
  3. エビは綺麗に洗う。白菜は食べやすい大きさに切る。シイタケは飾り切り、ネギは斜め切り、ニンジンは薄切り、豆腐は一口大に切る。水菜は根元を切り落とし4等分に切る。
  4. 2に白菜、シイタケ、ネギ、ニンジン、豆腐、エビを入れ、蓋をして煮込む。最後に水菜を入れる。

メニュー2:タッカンマリ

韓国のソウルフードであるタッカンマリは、滋味深いスープがほっと優しい味わい。ベースは鶏のだしのみなので、具材本来のおいしさをダイレクトに堪能できます。全体のまろやかさをキュッと引き締めてくれるショウガは、身体を芯からぽかぽかと温めてくれる効果も。
「本来は丸鶏を使用しますが、今回は調理のしやすい手羽元に。灰汁はできるだけ丁寧に取ってください。ジャガイモは煮崩れ防止のため、大きめに切りましょう。さっぱりとしたつけだれで味変も楽しめます。大人はお好みで唐辛子のペーストをつけるとより韓国風に!」

●材料(4人前)

・鶏の手羽元 8本
・酒 大さじ2
・水 1200ml
・ネギの青い部分 1〜2本分
・塩 大さじ1
・ニンニク(すりおろし) 2片分
・ショウガ(薄切り) 1片分
・ジャガイモ 2個
・ネギ 1本
・レンコン 130g
・えのき 1袋

【つけだれ】
・醤油 70ml
・酢 30ml
・お湯 70ml
・砂糖 大さじ2弱
・みりん 大さじ1弱
【唐辛子ペースト】
・ニンニクすりおろし(チューブ可) 小さじ1
・韓国産唐辛子(粉末) 小さじ1
・お湯 小さじ1/2

●つくりかた

  1. ジャガイモは大きめの一口大、ネギは5㎝幅、レンコンはスライサーで薄切りにする。えのきは根元を切り落とし、手でほぐす。
  2. 鍋に鶏手羽元、酒、水、ネギの青い部分を入れ、火にかける。煮たったら灰汁をとりながら弱〜中火にし、10分以上は煮込む。
  3. つけだれ、唐辛子ペーストは、それぞれ材料を混ぜ合わせる。
  4. 2に塩、ニンニク、ショウガ、ジャガイモを入れ、蓋をして5〜7分煮る。ネギ、レンコン、えのきを加え柔らかくなるまでさらに煮る。

メニュー3:和風カレー鍋

和風だしの入ったカレー鍋は、まるでお蕎麦屋さんのカレーうどんのようにさっぱりとしています。たくさん食べても飽きがこないので、一品料理の鍋にはうってつけ。サラサラのスープは具材の奥にまでカレー味がしみ込み、野菜が得意でない子どもでもおいしく食べられます。
「固形のルーではなく粉末のスパイスを使用することでサラっとした口当たりに。ニンジンとダイコンはスライサーで薄切りにすると火が通りやすくなります。カレー粉は甘口のスパイスを選び、さらにすりおろしリンゴを入れるとまろやかな味に仕上がるのでオススメです」

●材料(4人前)

・だし汁 1400ml
・醤油 大さじ5
・みりん 大さじ6
・カレー粉 大さじ4
・はちみつ 大さじ1/2
・リンゴ(すりおろし) 1/6個分
・ショウガ(すりおろし) 小さじ2
・塩 小さじ2

・豚バラ肉しゃぶしゃぶ用 180g
・タマネギ小 1個
・ジャガイモ 2個
・ニンジン 1/2本
・ダイコン 1/4本
・しめじ 1/2パック
・ブロッコリー お好み
・冷凍うどん(お湯で煮てほぐしておく) 1人前
・水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2弱+水大さじ3)

●つくりかた

  1. 鍋にだし汁、醤油、みりんを入れ火にかける。煮たったら、カレー粉、はちみつ、リンゴ、ショウガ、塩を加え煮る。
  2. 豚肉を5㎝の長さに切る。タマネギは6等分のくし切り、ジャガイモは一口大に切る。
  3. ニンジン、ダイコンは、スライサーで薄切りにする。しめじは手でほぐし、ブロッコリーは食べやすい大きさに切っておく。
  4. 1に2を入れジャガイモが柔らかくなるまで煮る。にんじん、大根、しめじを加え火が通るまで煮る。
  5. 具材が柔らかくなったら、ブロッコリーとうどんを入れ水溶き片栗粉を回しかけ、5分ほどとろみがつくまで煮る

使った土鍋の洗い方と
長持ちする保管法

おいしく鍋を食べ終わった後の土鍋の洗い方と保管方法を紹介します。正しくお手入れして土鍋を長持ちさせましょう。

■基本の洗い方

土鍋が冷めてから、食器用洗剤をやわらかいスポンジにつけ、軽くなでるようにやさしく洗いましょう。鍋底の部分は釉薬がかかっておらず、力を入れて洗うとひびや傷の原因になるので要注意。洗い終わったら素早くすすぎます。土鍋は水分を吸収しやすいのでできるだけ手短にしましょう。

■内側のこびりつき汚れをとる方法

ふきとれる油汚れや固形物はあらかじめ取り除いておきます。土鍋の中に40℃ほどのぬるま湯を張り、台所まわり・水まわり用洗剤を溶かし、1ヵ所に固まらないように、2~3回かき混ぜます。30分~1時間つけておいた後、スポンジで軽くなで洗いして、よくすすぎましょう。土鍋は急に冷やすと割れたりひびが入ったりする恐れがあるので気を付けましょう。

■土鍋の保管方法

すすいだ後は乾いたふきんで水気をふき取ってください。水分が残っているとカビが生えることもあるので、ふいた後はしっかり乾かしてから湿気の少ない場所に保管しましょう。

土鍋を使えば、時間をかけてじっくり煮込むだけでいつもより格別においしく出来上がります。保温効果も高いので、食卓で電子調理器を使う必要もありません。この冬ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

おすすめの商品はこちら

・キュキュット

・ワイドマジックリン

オンラインショップのご案内

ここから先は外部サイトへ移動します。価格やサービス内容については、各サイトに記載されている内容をよくお読みになり、ご自身の責任でご利用下さい。

<プロフィール>
高橋千帆さん
料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー
北海道生まれ、二女の母。調理、菓子の学校を卒業。現在は、料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩食堂」でスタッフ。薬食同源の考えを基に、家庭でも簡単につくれる料理も研究している。
Instagram:@this_is_chihotakahashi

写真:

矢部ひとみ

ライター: