ノロウイルス対策の救世主!「次亜塩素酸ナトリウム」とは?

「次亜塩素酸ナトリウム」は家庭用の塩素系漂白剤に含まれており、強力な酸化作用でノロウィルスを不活性化させます。

吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、微熱などの症状が出るノロウイルス。手洗いなど日常の習慣で予防できますが、 ノロウイルス対策に効果的だといわれているのは「次亜塩素酸ナトリウム」。いったいどのような効果があるのでしょうか?医師で医療ジャーナリストの森田豊先生にうかがいました。

どうしてノロウイルス対策に効果的なの?

「次亜塩素酸ナトリウム」はノロウイルスの除菌にとっては欠かせないものです。「次亜塩素酸塩」と呼ばれることもあります。強力な酸化作用でノロウイルスのタンパク質本体を攻撃することで、ノロウイルスを不活性化します。

消毒というと、アルコール消毒を連想する人も多いと思います。アルコール消毒はインフルエンザウイルスを不活性化することには有効ですが、ノロウイルスを完全に不活性化することはできません。ウイルスの種類によって対応が異なり、ノロウイルスの対策には「次亜塩素酸ナトリウム」が最適なのです。

「次亜塩素酸ナトリウム」って何に含まれているの?

ノロウイルス対策として有効な「次亜塩素酸ナトリウム」。聞き慣れない言葉かもしれませんが、家庭でも使う塩素系漂白剤に含まれている身近な成分のひとつです。例えばこんなものにも含まれているんです。

➀まな板、ふきん、食器などの漂白に使っている家庭用漂白剤

➁加工済みの野菜の鮮度を守る食品添加物

➂プールの消毒液

➃医療現場で使用される器具や包帯、シーツなどの消毒剤

「次亜塩素酸ナトリウム」は、その優れた殺菌力のため、日常のあらゆる場面で私たちの生活に関わっています。「成分が強そうなのに、家で手軽に使って大丈夫なの?」と思う方もいるかもしれませんが、森田先生によると、「使用の際はゴム手袋を着用し、適切な濃度で使用することがポイント」とのこと。

使用の際は十分注意し、しっかりノロウイルス対策をしましょう!

監修:森田豊先生

イラスト:みや よしえ

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

関連記事