夫にはこんな家事をしてほしい! 妻と夫の意識のズレは?

 

家事シェアリングをしているといっても、分担はさまざま。実際にどんな家事を担当しているのでしょうか? マイカジが既婚共働き男女442名(男性225名、女性217名)に実態を聞いてみました。

シェアリングしている家事の第1位はゴミ捨て、2位はお風呂掃除

「どんな家事をシェアリングしていますか?」と聞いたところ、次のような結果に。

Q:どんな家事をシェアリングしていますか?

やはりゴミ捨てがトップ。ドラマやCMでも、スーツを着た男性がゴミ捨てをしているシーンは多いですよね。次いで、お風呂掃除、食器洗いと続きます。いずれも、その場所だけで完結し、片付けのように置き場所に迷ったりしないので比較的家事シェアリングしやすいと言えそう。

4位には洗濯。洗濯機を回して、干して取り込むという時間差の行為が必要になるので、分担することで効率がアップしますね。

掃除やゴミ出し、後片付けなどは率先してやっている。(男性・33歳/子どもなし/会社員(事務系))

結婚の際に、自分が食器洗いはするからご飯作りは妻に任せるという取り決めをした。(男性・36歳/子どもあり/会社員(技術系))

私が遅く帰ってきたら、ご飯からお風呂、洗濯物のかたづけまでやってくれていた。(女性・34歳/子どもあり/パート・アルバイト)

妻が夫にしてもらいたい家事を聞いてみると、4位にトイレ掃除が!

女性側だけに、「旦那さんにお願いしたい家事」を複数回答可で聞いてみると、トップ3は家事シェアリングしている内容と同じ。4位には「トイレ掃除」が入ってきました。

いろいろやってくれるので特に不満はないですが、できればトイレ掃除もたまにはやってほしーな!(女性・32歳/子どもなし/会社員(その他))

意外と少ない!? 家事シェアリングについて話し合ったことがある人は約3割

家事シェアリングをしている人は、どのように決めたのでしょうか。「夫婦で家事シェアリングについて、話し合いの場を持ったことはありますか?」と聞いてみました。

Q:夫婦で家事シェアリングの話し合いの場を持ったことがある人は?

3割~4割の人が話し合いをしているのですね。

 

Q:話し合いを提案したのはどちらから?

その話し合いを提案したのは、「妻から」の方が53%と多くなっています。女性の方が家事シェアリングしたがっているのでしょう。

共働きなので分担しようと話し合いました。(男性・29歳/子どもあり/会社員(事務系))

お互い忙しい中でできることを話し合いで探り、支えあいたい。(女性・40歳/子どもあり/自営業)

「トイレ掃除はやってほしいけど、まだシェアリングできてない!」…という気持ち、わかります。話し合いの場を設けていない人が多いようなので、お互いの不満が溜まる前に、落ち着いて考えを伝えたいですね。

夫婦で納得できる家事シェアリングのコツはこちらにあるので、チェックしてみては?

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事