夫が家事をしたい理由第1位は、○○が見たいから。

 

男性は家事に対してどう考えているのでしょうか? マイカジが既婚共働き男女442名(男性225名、女性217名)にとったアンケートで、女性に嬉しい結果が明らかに!

3人に1人が「もっと家事がやりたい」と回答! その理由は?

男性は、本当のところ家事についてどのように考えているのでしょうか?

 

Q:もっと家事参加したいと思いますか?実は、「もっと家事参加したい」と前向きな回答をした人が35%にものぼりました。いったいどんな理由なのでしょうか。

Q:もっと家事参加したいと思う理由は?

もっと家事をやりたいと答えている人の50%以上の人が、その理由に「家族の喜ぶ顔が見たい」を選んでいます。つまり、妻や子どもが喜んでくれたら、もっともっとやる気が出るのかもしれません。

夫が家事をしてくれたことで、嬉しいと感じたことのある妻は80%!

妻は夫の家事についてどう思っているのでしょう? 既婚女性217名に聞いてみました。

Q:旦那さんが家事をしてくれて、嬉しかった経験はありますか?

なんと8割もの女性が、「家事をしてくれて嬉しかった経験がある」と回答しています。夫は家族を喜ばせたいのですから、嬉しい気持ちを見せることで「家事参加意欲」を高めることができそうです。

<旦那さんが家事をしてくれて嬉しかった経験がある人の声>

毎日トイレ掃除をしてくれる。風邪を引いたときは食事を作ってくれる。換気扇やエアコンなど、高い所にある機器の掃除をしてくれる。(女性・25歳/子どもなし/パート・アルバイト)

体調が悪いときに、何も言わなくても片づけをしてくれたこと。(女性・31歳/子どもあり/会社員(その他))

毎日の家事はもちろん、自分が疲れているときや弱っているときは特に嬉しく感じますね。また、高い場所の掃除などは、女性ではなかなかできないだけにありがたいものです。

家事への苦手意識が、家事参加を踏みとどまらせている?

一方、「家事参加したくない」「どちらともいえない」と答えた男性に理由を聞いたところ、「家事が苦手だから」「家事はできるけど、好きではないから」という理由がトップ2に。

家事参加したくない、その理由は?

妻から夫へ、家事のやり方や使う道具を教えて、苦手意識をなくすことが有効かもしれません。

男性の気持ちを考えてみると、上手にできる人が側にいたら、苦手なことはやりたくないと思ってしまいそう。「家事参加したい」と思っている男性もかなりいるので、大いに希望が持てますね。

実は、家事や育児は男性にとってのメリットもたくさんあるってご存じですか? 旦那さんにこんな記事を読んでもらってもいいかもしれません。

 

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事