一気に洗って、すっきり衣替え終了!カーテンの洗い方

ill_a_06_hon

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

衣替えの大物といえば、カーテン。夏の間、使っていた薄手のものから厚手のものに替えるタイミングで、カーテンの洗濯も忘れずに。じつは室内のホコリをたっぷり吸っているカーテン、意外なほど汚れていることもあるんです!

 

準備するもの

  • 洗濯用洗剤
  • 酸素系漂白剤

手順

1. まずはカーテンの絵表示をチェック!

sentakukitearai(新表示は)このマークがついていたら、洗濯機で洗えます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

2. カーテンをカーテンレールから外し、たたんでネットに入れる

レールから外し、フックを取り外したら、タテ・ヨコに屏風状にたたみ、専用ネットに入れます。

 

3. 洗濯機に入れてドライコースで洗う

ネットごと、洗濯機に入れてドライコース(または手洗いコースなど)で洗濯をします。このとき、酸素系漂白剤をいっしょに入れると汚れがしっかり落ちます。

とくに汚れが気になるときは、洗濯液を替えて2度洗いしましょう。

 

4. 洗っている間に窓&カーテンレールを掃除

洗い終わったカーテンを干すときに、汚れが移らないように、窓やカーテンレールを掃除します。カーテンレールはクイックルワイパー ハンディ 伸び縮みタイプを使うと、手を汚さずに素早く掃除できて便利!

 

5. カーテンレールにかけて、乾かします

洗い終わったカーテンは、フックを取り付け、レールにかけて干すだけ。取り込む手間いらず、おまけに室内の乾燥対策にもなります!

商品情報
洗剤だけでは落ちない汚れ・ニオイも強力分解。酸素系漂白剤
ワイドハイター EXパワー
気になるポイントに合わせて伸び縮み、曲げが自由自在のハンディワイパー
クイックルワイパー ハンディ伸び縮みタイプ

イラスト:今井久恵

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事