ディスプレイを楽しんで、トイレをくつろぎ空間にチェンジ

 

家族がいると、トイレは家の中で唯一ひとり落ち着ける場所。そのままだと殺風景になってしまうので、出来れば、ディスプレイなどを取り入れ、ゆったりできる空間にしたいですよね。そこで、わが家の無機質なトイレをプチ模様替えすることにしました!

26a

座って目の届く場所に、マイギャラリーを作ってみる

慌ただしい生活の中で、トイレでゆったりと過ごす時間は貴重なもの。季節感を取り入れたディスプレイで目を楽しませれば、心が豊かになりそうです。

そこで、トイレ内の空きスペースに壁用の棚を取り付け、その上を小さなギャラリーに。今の季節にマッチするやわらかなトーンの花や小物をディスプレイしてみました。また、うちは子どもが小さいので、汚したときにすぐ拭けるように、「トイレクイックル」をスタンバイ。IDÉE×花王コラボの限定パッケージは、柔らかい水彩がモチーフなので、ディスプレイにも溶け込みました。

27a

自分の〈好き〉なものを飾って眺めると、居心地の良さが倍増。季節を感じられるアイテムを飾ることで、癒やしと安らぎを感じられる明るい空間になりました。

お掃除道具もチェンジして、香りも春仕様に

せっかくお気に入りの空間に模様替えしても、トイレ独特のニオイが気になると、癒やしと安らぎの空間は一気に台無し。だからこそ、トイレの香りにはこだわりたいですよね。

28a

お掃除用の洗剤を「トイレマジックリン アロマ ピュアブロッサムの香り」にチェンジ。春めく香りのものを使えば、トイレ空間のこもった空気も、春らしく爽やかになりました。

29a

また年中の息子がいるので、壁に飛び散った尿が気になるわが家。こちらは「トイレクイックル」でしっかりふき掃除。ふき終わったら、こだわりのアートを飾って、トイレをさらに居心地よい空間に格上げしてみました。

30a

〈片付け&お掃除しやすいトイレのまとめ〉
・トイレで過ごす時間が楽しくなるディスプレイを取り入れる。花を飾るなどし、季節感を入れると〇
・香りも大切な要素。お掃除アイテムを春らしい香りにチェンジすることで、気分も一新。

これまでは用を足すだけの空間でしたが、自分の好きな物を集めて飾っただけで、大好きな「部屋」に変わりました。3歳の娘は普段、ひとりでトイレに行こうとしないのですが、ディスプレイして楽しい空間になったおかげで、喜んでトイレに行くように。また私も、大好きな空間にすることで、毎日キレイをキープしたくなり、お掃除のモチベーションがアップしました。 トイレの小さな模様替え、おすすめです!

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事