ニオイ刑事が洗濯機周辺のニオイ犯を追跡!犯人は洗濯機周りにいる!?

 

暖かくなりだすと気になるのが「ニオイ」。汗をかいた洗濯物のニオイが気がかり…という事件が、「とある主婦」のAさん宅で発生しました!Aさん宅に「ニオイ刑事」こと臭気判定士の松林さんと、松林さんに弟子入りした「新米ニオイ捜査官」のライターが潜入し、ニオイの犯人を追跡します!

洗濯機周辺のニオイをチェック!

洗濯機の前で、突然立ち止まるニオイ刑事。


maikaji6

「なんだか、もわ~っとしたニオイがしますね…怪しい」

しかし、首をかしげるAさん。
maikaji8

「ここには洗濯機が置いてあるだけなので、怪しいと言われても…」

「細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖でしてね。先ほどまで、ここに何かあったのではないですか?たとえば…洗濯物とか?」

「あっ!そういえば、さっき洗濯物を洗ったばかりです。洗濯する前のものを、ここに置いていました」

いきなり犯人の痕跡を見つけた、ニオイ刑事。さすがの嗅覚です!

「我が家は3人家族で子どもがまだ小さいので、基本的に洗濯機は毎日回しています。でも、洗うまでの間置いているだけでも、洗濯物からイヤなニオイが…。よく使うタオルや、子どもの服なんかは特にひどくて!」

なるほど。フェイスタオルや子どもの服など、ニオイの容疑者はたくさん!

「一度、嗅覚をリセットして、さらに詳しく捜査しましょう」


・・IMG_0317

相棒の「防毒マスク」で呼吸を整えるニオイ刑事。中の活性炭フィルターがニオイ分子を吸着してくれるので、限りなく無臭に近い空気を吸い、嗅覚をリセットできる秘密兵器なのです。

今度は洗ったあとの洗濯物に、ニオイ刑事が近づくと…。
maikaji2

ホコリっぽい、長~い間開けなかった納戸のようなニオイがしますね」

「え!これは洗ったあとのさわやかな洗濯物ですよっ?」

「お洗濯しても、ニオイがすることもあるんですよ。この服などはカビくさい」

ちゃ、ちゃんと洗っているのにカビくさいなんて!ニオイ刑事、どういうことなんですか?

カビは放っておくと、やがて夏場に牛乳を拭いて放置した雑巾”のようなニオイになるんです。今ニオっているのも、たった1日や2日でできたニオイじゃない。しばらく熟成されたカビのニオイがします」

「でも、見てわかるように、洗濯物にはカビなんて生えていませんよ」

「つまり今回の原因は、洗濯物だけじゃないということか…?」

辺りを鋭い眼光でギラリと見回す、ニオイ刑事。

「もしや犯人は…?新米は危ないから後ろに下がっていなさい…ここは任せろ!」

突然、洗濯機に顔をギリギリまで近づけ、ダイナミックに洗濯槽のニオイを嗅ぎだしました!

「な、なんじゃこりゃあ!カビのニオイが強い!犯人はコイツだ!!」

・・IMG_9903_R

maikaji11

洗濯機周りのニオイは…洗濯物と洗濯機の複数犯だったのです! 単独犯じゃないなんて…いきなり最初から難事件でした!

洗濯機周りのニオイ犯は複数犯の仕業!

洗濯物/洗濯槽

・カビ菌とニオイ発生の容疑で逮捕

 

ニオイの解決編はこちら

 

取材協力:株式会社共生エアテクノ

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事