キッチン収納を見直したら、出しっぱなしゼロ!掃除がもっと簡単に!

仕切りを使ってスペース節約、使う場所の近くに収納しましょう。不要なものが出ていないだけで掃除がラクになります。

食器やキッチンツールが収まりきらず、出しっぱなしにしていませんか?キッチン収納が活用できていないと片付かないだけでなく、掃除が面倒になってより散らかってしまうことも。そこで、「スモールスペース」での暮らしを応援するライフオーガナイザー・さいとうきいさんのアドバイスを元に、使い勝手がよく掃除しやすいキッチンを目指しました。

空間を仕切ってキッチンの収納力アップ!

と言っても、キッチンすべての収納を変えるのは大変なので、最低限手を付けるべき3か所のみでチャレンジ!まずはシンク下から見直しました。

収納のコツは、使いたい場所の近くに収納する住所を決めてあげることだそう。しかし、システムキッチンの収納スペースは容量が大きい割に空間が仕切られていないことが多いため、そのままでは物を収めにくく、出しっぱなしになってしまうことも…。

そこで、使っていない箱や小さな棚、ファイルボックスなどで空間を仕切りましょう。収納力が上がるだけでなく、物の出し入れがスムーズになります。

 

鍋やフライパンは立てて収納。スペース節約に!

次はガス周りです。ガスレンジの下は、ブックエンドで鍋ぶたやフライパンを立てて収納したら、取り出しやすさが格段にアップ!スペースも節約できて、出しっぱなしになっていたフライパンも収納できました!

出しっぱなしのフライパンが収納され、ガス台がスッキリしたので、掃除をスタート!「キッチンマジックリン 消臭プラス」をスプレーして、布で拭き取ります。邪魔なものがないので拭くときもらくちん。調理したときに飛び散った油汚れは5分置いてから拭き取ったらキレイに落ちました。

ガスレンジのこげつき汚れは「マジックリン ピカっと輝くシート」で拭き掃除。なんだか普段よりスムーズな気が…。周りに何もないと、こんなにも掃除がしやすかったんですね。

kitchen_3

調理台には、水切りトレイ以外物を置かない

最後に調理台です。フラットな水切りトレイを置き、作業途中の物や、洗ったものを一時置きしたりするスペースとして使うようにし、それ以外の場所には物を置かないと決めました。拭き掃除はトレイをひとつ移動させるだけで、簡単にできます。

いつもはベタベタざらざらしている作業スペースですが、二度拭き不要の「キッチンクイックル」であっという間にキレイに。やはり片付いていると、とってもスムーズです。

しまう場所を見直したら、物があふれず散らかりにくくなりました!掃除前に片付けたり物を動かす面倒もなく、すぐ拭き掃除ができるので、汚れが頑固になる前にこまめに掃除でき、キレイをキープするのも簡単です。

取材協力:「SMALL SPACES」ライフオーガナイザー さいとうきいさん

メイン写真:Getty Images

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事