出し入れしやすいクローゼットの収納方法

 

クローゼットがあるから洋服や小物がスッキリ収納でき、出し入れもラクラク……と思っていたのに、クローゼットの中はつねに混乱状態で迷子も続出という人も多いはず。そこで、使いやすいクローゼットのつくり方を、ライフオーガナイザーのさいとうきいさんに教えてもらいました。

収納は、いる物といらない物の選別からはじまります

---収納といえばクローゼットですが、意外とじょうずに使えていない人も多いようです。服やバッグ、あまり使わないものなどをどのように整理整頓、収納すれはいいのかをご教示ください。

「まず、クローゼットに入っている物をすべて出し、1枚ずつ身につけてみましょう。そして鏡の前に立って「イケているか」「自分に似合っているか」「これからも着たいか」などと自問自答してみてください。クローゼットに残すのは自分なりのフィルターを通ったお気に入りだけ……という状態になれば、クローゼットからものがあふれたり、ものが見つからなくなったりしづらくなります。」

---なるほど!まずは、いる物といらない物の選別からスタートするんですね。たしかにそれなら、「きれいにしなきゃ」という意識で整理整頓にとりかかるよりも、ハードルが低い気がします。

「クローゼットにしまうのは自分のお気に入りの物だけ」「1枚買ったら1枚手放す」などというルールを決めて管理すると、衣類が増えすぎず、収納しやすくなります。

“一軍”のスムーズな出し入れを最優先に考えましょう

---いる物といらない物の選定が終わったら、次にとりかかるべきことは何でしょう?

「クローゼットを機能的に使うには、使用頻度に合わせて指定席を作ることが大切です。一軍(よく使う物)は出し入れしやすい場所に8割程度でゆったり収納し、二軍(たまにしか使わない物)は、少々出し入れしにくい場所にギュギュッと10割収納でOK!すみわけをすることで、使いやすさと収納力の両方が向上します。」

20160212-IMG_9933

---さいとうさんの家のクローゼットは二軍の物が天井近くにまとめられていますね。たしかに、普段使わない物なら、出し入れしにくい場所でもよさそう。一軍の使い勝手のよさを優先したいですものね。

一軍(よく使う物)は出し入れしやすい場所に、二軍(たまにしか使わない物)は、少々出し入れしにくい場所に収納

---クローゼットや押入れで引き出しのある収納ボックスを使用している方たちも多いですが、さいとうさんが衣類の引き出しの使い方で工夫していることはありますか?

「奥行きのある引き出しは、手前側にオンシーズンの服、奥側にオフシーズンの服をまとめます。日々の出し入れが簡単になるし、手前と奥を入れ替えるだけで衣替えが完了します。」

20160122-IMG_0966

---よく使う物はたしかに手前にあったほうがいいですね。奥にオフシーズンの物を詰めておけば、衣替えも簡単に済ませることができそうです。

奥行きのある引き出しは、手前側にオンシーズンの服、奥側にオフシーズンの服をまとめる

「また、衣類を畳むのが苦手な人は、洗濯物を干すハンガーとクローゼットで使うハンガーを統一すると、干した衣類をそのままクローゼットに戻せるので、日々の整理がラクになりますよ。」

20160122-IMG_0957

---自分がラクに片付けしやすくする工夫も大切なんですね。

家族それぞれの“ゴールデンゾーン”に収納

---衣類がついつい出しっぱなしになってしまうのですが、どうすればなくすことができますか?一時保管所を作ったりするといいのでしょうか?

「家族それぞれのゴールデンゾーンを用意して、洋服や小物の置き場所の定位置にすると、面倒がらずにしまってくれるようになりますよ。目線からひざ上くらいの位置が、出し入れしやすい“ゴールデンゾーン”です。クローゼットを有効活用するには、よく使う衣類の出し入れをまず考えることが大切。そして、家族各自が使いやすい場所に収納することで、衣類をあちこちに放置することを予防できます。」

---なるほど!ちょっとした工夫が大事なんですね。アドバイスを実践すれば、わが家の洋服もスッキリ片づきそうです!!

・お気に入りの物だけしまう
・一軍の物は、とりだしやすい場所にゆったり収納
・「自分のゴールデンゾーン」を見つける

取材協力:さいとうきいさん

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジ』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

  • シェア
  • ツイート
  • 送る

「マイカジ編集部」のおすすめ記事