2019.12.20 Fri

働くママの“家事の時短” [連載]第2回 石松祐子さん

仕事と家事と育児、どれも大変なことだけに、同時進行していくには、効率の良さや、家族の理解・協力が必要不可欠!やんちゃ盛りの2歳男児を育てながら、ママは妊娠7カ月の石松家。パパとの家事分担の方法や、時短&手間の省き方に注目です。

パパとの家事分担で円満に♪
アパレル販売/石松祐子さん

アパレルショップのマネージャーとして店舗運営やスタッフ管理などの仕事をしている石松祐子さん。保育園に通う2歳の男の子と、会社員のパパとの3人暮らしで、現在妊娠7カ月。「夫婦共にシフト制の仕事のため、家事はなるべく分担するようにしています」

1.出社時間が遅めのパパは
息子の朝の身支度を担当

「保育園に行くための身支度や準備、送りは出社時間が遅めのパパが担当。私は早めに出社したり、パパがやってくれている間に夕飯の下準備をしています。毎日やってもらうことで、パパも責任感を持ってくれて大助かり!」

2.イヤイヤ期対策にも
お着替えシールでやる気UP

「息子は着替えや歯みがき、お風呂に入るなど、気分が乗らないとぐずりがち……。シールを貼ることが好きなので、着替えたらシールを貼ることにしてモチベーションアップ! 好きなシールを選ぶところから一緒にやって、やる気を出させます」

3.ネットスーパーを活用して
買い物に行く時間をカット

「妊娠してからは特に、息子を連れての買い物が大変で……。仕事帰りにスーパーで食料品を急いで買うと、買い忘れも多いので、一人時間にのんびりネットスーパーを見るのがラク。その流れで日用品もネットで注文しています」

4.時短調理の強い見方!
ハンドブレンダーが便利

「息子の離乳食を作っていたときから使っているハンドブレンダー。ゆでたかぼちゃ、牛乳、コンソメを入れてスイッチオンするだけで、ポタージュが完成! ハンバーグを作るときのみじん切りなど、さまざまな料理で使っています」

5.1人遊び中がチャンス
ササっと掃除ですっきり

「『ママ~』と甘えてきて、家事が思うように進まないことも多いので、一人遊びをしているときを見計らって簡単な掃除を。ダイニングテーブルを拭いたり、キッチンの作業台を整えたり、“今!”と思ってやると、効率もよくなります」

6.曜日を決めれば忘れない
寝かしつけ後の掃除

「寝かしつけで一緒に寝てしまうことも多いですが、頑張れる日は、気が付くと汚れている水回りの掃除をしています。月曜日は洗面台、火曜日は排水口など、なんとなく曜日を決めておくと、やり忘れもなく、キレイが保てます」

7.定期的な通院や予防接種は
パパが休みの日にお任せ

「皮膚科や予防接種など、定期的にある通院はパパにお任せしています。私がいないときでも、持ち物や受診の仕方などを分かってくれているので安心! 男2人の時間も楽しいようで、親子のコミュニケーションにもつながっています」

家事を時短したり、夫婦で分担することで、家族の時間をより長く持つことができ、その分たくさんの笑顔も生まれます。まだ手のかかる2歳児の育児をしながらの妊娠、大変な時期だからこそ、協力し合うことが解決への糸口になりそうです。

写真:

廣江雅美

ライター: