2020.01.17 Fri

本間朝子さんに教わる 家事分担を今すぐ始められるアイデア5

家族みんながストレスなく円満に暮らすために不可欠な家事分担。そこで、知的家事プロデューサーの本間朝子さんに、家事分担を今すぐ始められる5つのアイデアをお聞きし、共働きの夫婦と子ども2人の福地さん一家に実践してもらいました。

掃除道具は手近にスタンバイ
使う人や汚した人が掃除する

掃除道具は掃除のたびに出してくるのではなく、いつでも家族みんなの手が届きやすく、掃除するものの近くに置いておきましょう。例えば、カーテンの隅には床掃除用の掃除機やフロアワイパーを、カウンターやパソコンのそばには除菌ウエットシートを常備。パソコンの場合は使う人が立ち上げの待ち時間にさっと汚れを拭くルールに決めておくと、いつでもキレイを保て、わざわざ掃除する手間もかかりません。

洗濯物はカゴに分け、
各自でたたむ

洗濯物をたたんで家族ごとに分けて各部屋に運んで……というのは大変な家事負担。そこで洗濯物は各自にたたんでもらいましょう。ポイントは一目で誰のものかを区別できるカゴやハンガーを使うこと。福地家もさっそく姉弟で色別のカゴを用意し、洗濯物たたみを日課に。「今までは仕事から帰って幼稚園のお迎え前の10分間に慌ただしくたたんでいたんですが、おかげで時間に余裕が出て助かっています。自分のことは自分でやるという習慣づけにいいですよね」とママ。ちなみに、脱いだ時に裏返しになった衣類の表返しにする作業は、あえてやらずにそのまま洗濯。そうすると、今まで家族に表に返してもらっていたことに気づくきっかけになります。

よく使うものは
子どもの手の届く場所に

食事前の準備は、子どもでも簡単にお手伝いができる家事の一つ。オススメは、カトラリーや小皿など使用頻度の高いものはケースにまとめて、子どもの手に届く定位置に置いておくこと。こうすることで、一声お願いするだけでお手伝いがスムーズになります。娘さんも「これなら毎日できるよ」と、明日からもお手伝いを続ける約束ができました。他に、朝食で必要なものをまとめた“ご飯のお供セット”を冷蔵庫にまとめておくなども本間さんのオススメのテクニックです。

いつものメニューを
あえてホットプレートで

ホットプレートはイベント感もあり、ママ以外の担当という家庭も多いはず。そこで、あえてお好み焼きなどホットプレート用のメニューではなく、野菜炒めなど普段はコンロで作るメニューを家族にホットプレートで作ってもらいましょう。そのときは褒め言葉も忘れずに伝えると、家族も気分が良くなりリピート率もアップ。さらに、料理経験が少ないパパや子どもの調理レベル向上も期待できるでしょう。「ホットプレートで調理してくれている間に別の食事の準備をできるので、時短にもなって助かります。しかも、シンプルな野菜炒めもご馳走になった気分。これからホットプレートの出番が増えそうですね」とママ。

ストックルールを視覚化し
家族で情報を共有

消耗品はストックしておく数や場所を決めて、家族が一目でその内容を共有できるようにしましょう。福地家では、トイレットペーパーや洗剤類などは残り2つになったら買い物リストをチェックするルールにしました。

そして、その管理には冷蔵庫に貼った買い物リストが大活躍。さっそくトイレ掃除をして洗剤を詰め替えたパパが買い物リストを更新しました。「気づいた人がその場で買い物リストを更新しておけば、買い物に行く際も手間取らずにいいですね。食品などにも使えるので、これからどんどんリストを増やしていきたいです」

「全てを一度に始めるのは難しいので、まずは各々のご家庭のできるところから取り組んでみてください」と、本間さんは言います。そして、実践を終えた福地さん一家からも、「家事分担は難しいと思い込んでいたんですが、いつもの生活にちょっとしたアイデアを加えることでこんなにスムーズにできるなんて驚きです」(ママ)「これなら無理なく続けていけそうです」(パパ)「お手伝いって楽しいね!」(子どもたち)と、前向きな感想が次々に上がりました。これを機に、あなたの家でも家族みんなで家事分担を始めてみませんか。

<プロフィール>
本間朝子さん
知的家事プロデューサー。仕事と家事の両立に苦労した経験から、時間と無駄な労力を省く家事メソッド「知的家事」を考案。「時間がない」「家事が大変」と嘆く多くの主婦の悩みを解決している。また、毎月無料で「時短家事セミナー」を自主開催。TVや雑誌、WEBなどメディアでも幅広く活躍中。著書に『ゼロ家事』(大和書房)、『本間式 置くだけ片づけ』(エクスナレッジ)、『写真でわかる!家事の手間を9割減らせる部屋づくり』(青春出版社)、『名もなき家事を楽しく減らす法』『「片づく仕組み」のつくり方』(三笠書房)、『ムダ家事が消える生活』(サンクチュアリ出版)、他多数。
オフィシャルサイト: http://honma-asako.com Amebaブログ: http://ameblo.jp/titeki-kaji facebook: https://www.facebook.com/asako.honma

写真:

伊藤大作

ライター: