2020.04.24 Fri

Emiさんのラクする家事ルール[連載]第1回 朝の家事習慣

家事をラクにすることで、仕事も家庭も自分らしく楽しんでいる整理収納アドバイザーのEmiさん。その秘訣を探るべく、Emiさんが実践している家事ルールを教えてもらいました。第1回目は、習慣にしている朝の家事について。

仕事と家庭を分けずに
どちらも楽しむ

人気整理収納アドバイザーであり、10歳の双子のママでもあるEmiさん。多忙な彼女がライフスタイルの中で、大切にしていることは、“仕事も家庭も楽しむこと”です。
「子育てや家事をしていると、ふと感じたことが仕事に活かせたりします。なので、パソコンを使った仕事は平日の17時までと決めていますが、頭の中にはいつも仕事のことがあります。また、子どもたちが働く私を見て、仕事の面白さや大変さを感じてくれたらとも思っているので、無理に仕事と家庭を線引きせずに、上手く混じり合っている状態が私の理想ですね」

効率の良い暮らしは
家事のルーティン化から

仕事も家庭も楽しむために、どちらも無理をしすぎず効率よく進めたいというEmiさんが実践しているのが、家事のルーティン化です。
「ルーティンにする良い点は、次は洗い物をしようかな、今日は洗濯をやめておこうかな、と考える時間がなくなること。体が自然と動くようになれば、家事効率がアップし時短につながります。私は自分で工夫してクリアしていく感覚が好きで、家事をゲームのように楽しんでいます。前より良くなった、という結果が出やすのが家事の面白さだと思います」

家族みんなで
朝に家事をこなす

そんなEmiさんの家事ルーティンは、朝に1日の家事のほとんどを終わらせてしまうこと。朝、家を出るまでに、洗濯、リビングや水回りの掃除、ゴミ出しなど、家事の8割を家族みんなで済ませ、夜は洗い物や片付けだけをして家族でくつろぐ時間を多くとっています。お子さんが小さかった頃は、夜に家事をする余裕がなく、洗い物や片づけも朝にまとめてやっていたそうです。そんなEmiさん家族が毎朝やっている、効率よく家事をこなすテクニックを教えてもらいました。

1.仕上がった洗濯物を
仕分けて各自でしまう

「乾燥機にかけても良い洗濯物は、夜のうちに朝に仕上がるように洗濯機の予約をセットしておきます。朝の10分で、洗濯・乾燥済のタオル、下着を洗濯機前の収納にさっと片付け、子ども服は仕分けるだけ。子ども服は子どもたちが各自で登校前にたたみます。大人と一緒で子どももやりたくない日があって当然で、毎日やることが一番大事だとは思っていません。息子は火曜と水曜はたたまず、木曜にまとめてたたんでいますが、自分でメリハリをつけて、スケジュールを組んでやれていることが素晴らしいなと思っています」

2.朝食は各自で
準備&片付け

「スポーツマンの息子の朝食は、夫が栄養管理をしてつくっていますが、私と娘は各自で好きなものを用意して食べます。子どもたちは、昼は給食で決まったものを食べるので、朝ごはんはそれぞれが好きなものを食べて、朝から元気出していこう!というのがわが家のルール。そのため、朝食に必要な食材やツールは子どもが取り出しやすい位置に置いています。食べ終わった食器は各自で下げて、食洗機へ入れるように。夕飯後に、1日分の食器をまとめて食洗機をまわします」

3.家族みんなで片付けて
ルンバの動線を確保

「外出3分前にセットしたアラームが鳴れば、家族全員で床の片付けをスタート。ルンバが家中をスムーズに動けるように、床に置いてあるものを取り除き、椅子を机の上にのせて出かけます。リビング、ダイニングの床掃除はルンバに頼っています」

家族みんなで取り組む朝の家事をルーティンにすることで、“ラクする家事”を実現していたEmiさん。そんなEmiさんも、お子さんの成長や生活の変化に合わせて、その都度家事の優先順位を入れ替えているそうです。その時その時で、自分の生活に合ったルーティンを見つけることが、家事をラクにする近道のようです。

<プロフィール>
Emiさん
整理収納アドバイザー。片づけをキーワードに、気持ちのいい暮らし方を提案する「OURHOME 」を主宰。家族をまきこみ、気持ちがラクになる片づけが得意。大手通販会社での8年にわたる商品企画の経験を生かし、オリジナルのものづくりも行なっている。現在は、著書執筆、メディア出演、オンラインショップ、くらしのレッスン運営と、幅広く活動。NHK『あさイチ』や『助けて!きわめびと』などメディア出演も多数。著書14冊の累計46万部。著書に『わたしがラクする服選び』(大和書房)、『親に寄り添う、実家のちょうどいい片づけ』(白夜書房)、『おかたづけ −めっちゃすっきりきもちいい−』(パイ インターナショナル)など。雑誌 LEE(集英社)「“暮らす”と“働く”わたしのバランス」連載中(2020)など。10歳の男女の双子の母。
【HP】https://ourhome305.com

写真:

Emi

ライター: