2020.07.10 Fri

家事の時短や節約に効果的!ネットスーパー活用術

食材や日用品が自宅に届くネットスーパーは、スキマ時間で買い物ができるとあって、忙しい家庭の救世主。今や使わない手はないネットスーパーの魅力と、より効果的に活用する方法について、家事アドバイザーに聞いてみました。

今すぐネットスーパー
デビューしたい3つの理由

天気や時間に関係なく、いつでも買い物できる上に、生鮮食品はもちろんのこと、重たいものでも自宅まで届けてくれるとあって、近年ネットスーパーの利用者が増えています。ネットスーパーのサービス開始以来、約12年来の利用者であり、「ネットスーパーのない生活は考えられない」と断言するのは、家事アドバイザーの矢野きくのさんです。この12年間でできた時間の節約はかなりのものだという矢野さんが考える、ネットスーパーを活用すべき理由とは?

1.買い物の時間を大幅時短してゆとりを生む

24時間いつでもスマホから注文できるので、通勤時間などスキマ時間を利用しながら買い物ができるのが、ネットスーパー最大のメリットです。
「実店舗までの往復の時間、店内で商品を探して歩く時間、人によっては外出するための身支度の時間を減らせます。貴重な休日を買い物の時間にあてる必要がなくなるのも、うれしいですね」

2.予算を立てることで食費の管理がしやすくなる

実店舗だとカゴに入れた商品の合計金額を計算しながら買っている人は少ないので、予算オーバーする可能性や、余分なものまで買ってしまう可能性も……。
「ネットスーパーなら、注文しながら合計金額を確認できるので、買う必要のあるものを吟味しながら予算以内で無駄なく買い物ができます。“これは不要”と思ったときにはすぐに削除できますし、自宅で注文する場合は冷蔵庫の在庫を確認しながら購入できるので、無駄遣いとなるダブり買いを減らし、結果的に食費の節約につながります」

3.店舗でも使えるポイントが貯まる

ネットスーパーでは、店頭と同じポイントを貯めることができます。食品だけでなく日用品なども、ひとつのスーパーにしぼって上手にポイントを貯めれば、お得度がさらにアップします。
「主要スーパーの多くが、100円〜200円ごとに1ポイントが貯まり、溜まったポイントはネットスーパーだけでなく、店頭でのお買い物にも利用できます。各社ポイント倍付デーがあるので、まとめ買いは倍付デーにするなど、上手に買い物したいですね。また、該当のクレジットカード支払いでの割引デーやポイント倍付デーのあるネットスーパーもあるので、見比べてみてください」

ネットスーパーを
早速使ってみよう!

初めに、利用するネットスーパーを決めましょう。
「まずは配達エリアに自分の家が入っていないと利用できないので、自分の家が対象になっているネットスーパーを調べることから始まります。複数店舗あれば、商品数や値段などで比較をし、利用するネットスーパーを決めるのがオススメです」

利用先を決めたら、会員登録をし、以下の流れで注文していきます。

  1. 配達の日にち・時間帯を決める
  2. 予算を決め、1週間分の献立を決めて、食材を吟味する
  3. ネットスーパーにログインして商品を探し、カゴにいれる
  4. お届け日時を選択する
  5. 商品を再度チェックし、購入ボタンを押す

「専用のボックスで届き、不在時も受け取れるシステムのあるスーパーもありますが(※初回配送時は要在宅、オートロック・一部の商品配送不可)、ネットスーパーは基本的に手渡しでの配達となるため、配達時間には必ず在宅するよう、お届け日時はしっかりチェックしましょう」

注文した当日にキレイに梱包された商品が届いた!

常温の野菜、冷蔵のお肉、冷凍のお肉、日用品など、注文した商品がレジ袋に小分けにされて到着しました。生鮮食品はどれも鮮度が良く、きちんと品定めして配送されているのがわかります。また、冷凍食品は溶けないよう配慮がなされ、冷凍庫から出し立てのような状態で届きました。
商品は袋ごとに分かれていたので、野菜室、冷蔵室、冷凍庫……と、指定の場所に保管するのがラクチン! ネットスーパーによっては、専用バスケットや、エコバッグを選択すると専用の袋で届けてくれるところもあります。2020年7月1日からレジ袋が有料化となり、エコの観点からも配達時の梱包までチェックして注文したいですね。

7月~レジ袋有料化がスタート!オススメのエコバッグ5選

ネットスーパーを使う上で
気をつけたいこと

便利なネットスーパーですが、慣れて使いこなせるようになるまでは、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。
「まず、再配達にならないように配達時間をチェックしておくのは前述の通りです。配達日時の指定には締め切りがあるので、必ず事前にチェックし、在宅の予定に合わせて配達してもらえるよう調整しましょう。生鮮食品を注文する場合、特に夏場の不在は気をつけたいですね。また、どのネットスーパーも配達料がかかるので、なるべくまとめ買いをすることをオススメします。
何がなんでも避けたいのが注文ミス。多くのネットスーパーでは、商品の注文数をプラスマイナスで変更してオーダーする形式を採用していますが、軽くタッチしたつもりが2回タッチしてしまっていたり、反応していないと思ってプラスを押したら、前の分も反応して複数になっていたりということがあります。また、3袋入りの焼きそばを一度に3個も注文して合計9袋になってしまったなど、複数セットのものと気づかず、余分に購入してしまった方もいます。必ず確定を押す前に、最終確認をしてください」

ネットスーパーの活用で、買い物の時間や労力を大幅に削減できることがわかりました。ほかにも、ネットスーパーで削減が期待できるのが、フードロスです。例えば毎週火曜日など、ネットスーパーの配達日を決め、「配達日の前日までに冷蔵庫の食材を食べ切る」などのルールを設けて実践することで、食材を無駄なく使えます。ネットスーパーを賢く使うことでさまざまな無駄を省き、より心地よい暮らしをめざしましょう。

<プロフィール>
家事アドバイザー
矢野きくのさん
家事の効率化、家庭の省エネなどを専門にテ レビ、雑誌、講演などで活動。時短家事、100円グッズ、便利グッズ、業務 用食品の情報にも精通し、生活用品や便利 グッズの企画にも携わる。

写真:

矢部ひとみ

ライター: