2021.02.26 Fri

こすらず撃退!便器の水たまり・お風呂の排水口汚れの落とし方

在宅ワークの影響でキッチンやリビング、トイレを使う頻度が上がり、汚れやすくなっていませんか。ライターの私も夫婦で自宅にいる時間が増えたけれど、日中の家事は極力、時短で済ませたいところ。そこで、気になっていたトイレとお風呂の排水口用の発泡洗浄剤を試してみました。

こすらずに落とす方法で
掃除がラクになる!

まずは、トイレの黄ばみや黒ずみをブラシでこすらず落とせる水洗トイレ用洗浄剤を使ってみました。

■便器の水たまり汚れの落とし方

今回試したのは、新発売の『トイレハイター 水ぎわ・水底スッキリ』。トイレに入れるだけで水たまり部の黒ずみ・黄ばみを落とせる発泡洗浄剤です。ブラシでこすらずに汚れが落とせ、除菌*1や消臭効果も。

水ぎわに効く粉末と水底まで届く錠剤が入ったダブル発泡力で、短時間に効率よく掃除が進みます。

『トイレハイター 水ぎわ・
水底スッキリ』の使い方

1.洗浄剤を便器にゆっくりと投入する

トイレのフタと便座を上げて、水たまり部分に洗浄剤を投入。このとき、粉の舞い上がりや錠剤投入による水はねを防ぐために、低い位置から流し入れましょう。

2.発泡してきたら、30分ほど置く

水に溶けた粉末と錠剤から大量の泡が発生。そのまま30分ほど放置します。汚れがひどいときや水温が低い場合は60分以上置きます。一晩放置する場合は、換気しましょう。30分放置した後、泡がなくなるまで流します。

こすり洗いなしで
便器がピカピカに!

泡が流れていくと、黒ずみはすっかりなくなっていました。水底の黄ばみもスッキリと落ちています。洗浄剤を投入した直後からムクムクとふくらんだ泡が汚れを浮かしてくれ、ブラシでこすらなくても汚れが落ちていたことに感動です。粉末を投入したら一定時間放置したあとに流すだけなので、仕事の合間でも手軽に掃除できます。

お風呂の排水口汚れの
落とし方

続いて、お風呂の排水口の掃除に『強力カビハイター 排水口スッキリ』を使ってみました。粉末の洗浄剤を排水口に振りかけ、水を注ぐことで強力発泡。泡で排水口を包み込むことでフタ裏・髪の毛の受け皿、水のたまり口の汚れやカビ・ヌメリが落とせます。汚れだけではなく、除菌*1やウイルス除去*2、消臭効果もあるのがうれしいですね。慌ただしい日が続き、気づけば2週間も溜め込んでしまった汚れや不快なニオイは落とせるのでしょうか。

『強力カビハイター
排水口スッキリ』の使い方

1. 排水口周辺に1袋を振りかける

粉が舞い上がらないような低い位置から、まんべんなく振りかける。

1.200mlの水をゆっくり注ぐ

コップ1杯の水(約200ml)をゆっくりと注ぐ。40度前後のぬるま湯を使用するとより効果的です。

2.フタをする

水を注ぐと、発泡して大量の泡が発生します。排水口のフタがある場合は、フタを閉めましょう。そのまま30分以上放置。窓や戸があれば開放し、換気扇を回して使います。

3.十分に洗い流す

時間がきたら、シャワーの水で泡がなくなるまでしっかりと洗い流せば完了。

排水口のフチに固まっていた黄ばみがスッキリ。受け皿の網目に付いたヌメリまで、ブラシでこすらずに落ちていました。塩素系洗剤のツンとした匂いがほとんどしないのも、使いやすいと感じました。これなら手軽に使えるので、定期的に掃除できます。排水口掃除をほったらかしてしまう後ろめたさからも開放されそうです。

自宅にいる時間が長くなっていることで汚れやすいトイレやわずらわしい排水口掃除。こすらず放置するだけで汚れを落としてくれるふたつの洗浄剤があれば、ラクで簡単なトイレ&排水口掃除を叶えてくれます。洗浄剤を使用する際には、窓や戸を開け、換気扇を回すようにし、炊事用手袋、マスク、目の保護にメガネ等を着用するようにしましょう。

*1 すべての菌を除菌するわけではありません。
*2 すべてのウイルスを除去するわけではありません。清掃面にしっかり泡が接触しないと十分な効果がでません。

おすすめの商品はこちら

・強力カビハイター 排水口スッキリ

撮影:

矢部ひとみ

ライター: