2021.04.02 Fri

節約のプロ・ののこさんが伝授!お金が貯まる~買い物・料理編~

お金が貯まる家事本に続き、最近、料理本も出版したののこさん。買い物や料理をするときに気をつけていることを聞きました。しっかり節約しながらも、毎日手作りの料理が食べられるお役立ちテクニックは見逃せません!

ムダ買いとフードロスを防ぐ
買い物・料理術とは?

夫は仕事柄不在にすることが多いので、家事も育児も基本はワンオペ。買い物に行く回数を減らし、料理は作りだめしておくことで、自分の負担を減らすようにしています。そうすることで、食費も大幅にカットでき、子どもたちとの時間や自分の時間を捻出!

買い物・料理テク1
買い物に使うお金を袋分け

食費は家族4人で1日1000円、1週間7000円なので、週ごとに袋にお金を振り分けておきます。これ以外に洗剤などの日用品費、米などの大型出費なども分けて予算組みしているので、お金の使い過ぎを防止! クレジットカードで買った場合は、その分のお金をクレジットカード費へ移します。

買い物・料理テク2
買い物前にリスト作り

買い出しは週に1回まとめてするので、買い忘れがないよう、事前にリストを作成。その際、冷蔵庫の中や乾物のストックなどをひと通りチェックして、「買い物リスト」と作り置きメニューの「献立リスト」の2枚を準備。このメモがあると、スーパーにいる時間を短くできるので、無駄買いも減らせます。

買い物・料理テク3
作りおき&冷凍ストック

毎日1からの料理はせず、毎週月曜日に1週間分の食べるものを準備するようにしています。週の前半は作り置き、週の後半は下味冷凍をしたものを調理して食べることが多いですね。作り置きを冷蔵庫に入れる前、製氷皿に少し取っておいて娘のお弁当用のおかずに回しています。

買い物・料理テク4
冷蔵庫には常に空きスペースを

冷蔵庫をパンパンにしてしまうと、中身が把握できずに、フードロスを招く原因に……。ケチャップやバターなど、必要な物はジャンルごとに100均のボックスに分けてすっきりさせ、常に空きスペースを持たせるようにしています。冷蔵庫内の掃除もラクチン!

買い物・料理テク5
リッチな食事はふるさと納税

週7000円が予算の食費では、なかなか高級な肉や魚を買うことができないので、贅沢品はふるさと納税の返礼品を活用しています。牛肉と豚肉の焼肉セットやうなぎなど、今までいただいたものはどれも美味しくて大満足! たまに贅沢品が食べられるので、食生活が豊かに♪

自分にとって無理のない予算を立てておくことで、ケチケチせず且つ無駄遣いも防ぐことができるののこさんのお買い物術。「料理は毎日するもの」という概念を払拭し、一気に料理をすることで家事効率も格段にアップ。ののこさんの買い物・料理テクには学ぶことがたくさんありました。

ののこさん
節約のための家計管理や家事についてのインスタグラムの投稿が人気でフォロワー数は約32万人。著書二作目となる「ののこの節約つくりおきレシピ」(小学館)は3月10日に発売。https://www.instagram.com/nonoko_16/

写真:

廣江雅美

ライター: