WASHING GUIDE

ウール・カシミヤのニット:洗濯方法

洗濯シワや型くずれを防いで、ふんわり仕上げるには、おしゃれ着用洗剤を使って洗い、柔軟剤を使用することが重要です。干す時は平干しをすることで型くずれを防ぎます。

※衣類の洗濯表示にの記号がついている場合、家庭では洗濯できません。事前にご確認ください。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

洗濯機のコースは「おしゃれ着(ドライ)コース」などの、やさしく洗えるコースに設定し、おしゃれ着用洗剤を使って洗います。

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。濡れ干しの記号でない場合も、シワになりやすいので、脱水は1分以内が目安です。

洗濯の水

縮みを防ぐため、ウールやカシミヤは、必ず30℃以下の水で洗いましょう。お風呂の残り湯などの温水は、縮みの原因となるので避けましょう。

色落ちの確認

  1. 使用するおしゃれ着用洗剤の原液を目立たないところにつけ、5分後に白い布をあてて、軽く押さえます。

  2. 布に色が付いたら、単独で洗いましょう。

洗濯機を使った洗い方

洗濯ネットに入れて洗う

  1. 目立つ汚れは、使用するおしゃれ着用洗剤の原液を少量つけ、指で軽く押さえてなじませる
  2. えりやそで口など、汚れやすい部分が外側になるようにたたむ
  3. 他の衣類とからまって繊維が伸びたりしないよう、洗濯ネットに入れる
  4. 「おしゃれ着用洗剤」と、「柔軟剤」をセットし、おしゃれ着コースで洗濯開始

柔軟剤を使用することで、ふんわり柔らかく仕上がり、毛玉・静電気も防止します。

洗濯機を使わない洗い方(手洗い)

押し洗いで洗濯

  • 衣類の洗濯表示で、手洗いを示すの記号の衣類も、洗濯機の「おしゃれ着(ドライ)コース」で洗濯できますが、色落ちする衣類を単独で洗う場合など、手洗いの方が便利なこともあります。
  • 衣類の洗濯表示で、手洗いを示すの記号の衣類も、洗濯機の「おしゃれ着(ドライ)コース」で洗濯できますが、色落ちする衣類を単独で洗う場合など、手洗いの方が便利なこともあります。

    手洗いをする際は、30℃以下の水に洗剤をよく溶かし、ニットを入れてやさしく押し洗いしましょう。

押し洗いの手順

干し方

干す前に形を整え、平干し

  1. 洗濯が終わったら、衣類をすぐに取り出す
  2. たてよこ2つに軽くたたみ直し、手のひらでパンパンとたたいて形を整える
  3. 平干しハンガーに広げ、形を整えて、日陰で平干し

紫外線で変色・黄ばみが発生するので、必ず日陰に干しましょう。

  • ※平干しハンガーがない場合、ピンチハンガーの上や浴槽のフタでも代用できます
  • ※スペースがない場合、さお干しも有効です。必ずそでも物干しざおにかけましょう

アイロンのかけ方

スチーム設定で、浮かせがけ

  • アイロンを浮かせ、スチームをたっぷりかけると、シワが取れ、ふんわり仕上がります。

※衣類の洗濯表示の記号の近くに「あて布使用」などの言葉が記載されている場合は、薄手の布で覆った上からアイロンをかけましょう。

ニットにアイロンをプレスすると、ふっくらした風合いが台なしになるので避けましょう。