• 洗濯ネット
  • つり干し

シワになりやすく、伸びやすいので、ネットに入れて脱水は短めに。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 sentakuki か「手洗いマーク」 “手洗い" がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

準備

使用洗剤の確認

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取扱い絵表示に「中性」とあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
新表示「中性洗剤使用」または「中性」表示のあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
取扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

柔軟剤を使うと、肌ざわりよく仕上がり、シワもとれやすくなります。

酸素系漂白剤を使うと、消臭・除菌効果も。しみこんだ汗、皮脂や菌までしっかり分解して、洗いあがりスッキリ。

洗濯機のコース設定

取扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース
新しい取扱い表示 「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

シワを防ぐために、脱水は短めに。

はじめて洗うとき(色物・柄物の場合)

  • 色落ちテストをする

目立たないところに使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます

目立たないところに使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>
色がついた場合は、単独で手早く洗いましょう。

塩素系漂白剤はNG。
ストレッチ素材によく使われているポリウレタン繊維は、塩素で傷みやすいため。水道水中の塩素も同様のため、長時間のつけおきは避けましょう。

洗い方

部分汚れがあるとき

すそまわりなどに汚れがあるときは、洗濯前に処理をしておきます。

<取扱い絵表示に「中性」とないもの>

部分洗い用洗剤をスプレーしておくか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

部分洗い用洗剤をスプレーしておくか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

<取扱い絵表示に「中性」とあるもの>
<新表示「中性洗剤使用」または「中性」とあるもの>

おしゃれ着用洗剤の原液を塗布しておく

洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れる

他の衣類とからまって、繊維がのびたり、ひっかかったりしないよう必ず裏返して洗濯ネットに入れて洗いましょう。

干し方

筒状につり干しする

脱水後、すぐににとり出して、手のひらで軽くたたいてシワをのばし、形をととのえる

  1. 脱水後、すぐににとり出して、手のひらで軽くたたいてシワをのばし、形をととのえる

センタープレスのあるものは表に返し、センタープレスのないものは裏返しのまま、ピンチハンガーに腰まわりをとめて、筒状に干す

  1. センタープレスのあるものは表に返し、センタープレスのないものは裏返しのまま、ピンチハンガーに腰まわりをとめて、筒状に干す

縫い目をしっかり伸ばしながら干すと、仕上がりがきれいです。

アイロンのかけ方

あて布をしてかける

表はあて布をしてかける

  1. 中温ドライで、ポケットやファスナーまわり、縫い目はキレイにのばしながら、裏からかける
  2. 表はあて布をしてかける
  3. 腰まわりにバスタオルを丸めて入れてアイロンをかけ、立体的に仕上げる

ストレッチ素材に使われているポリウレタンは、水分と熱の影響を受けて縮むことがあるので、充分注意しましょう。

関連記事