• 洗濯ネット
  • 陰干し
  • おしゃれ着用洗剤
  • 30℃以下

絵表示を確認し、水洗いOKであれば家庭でもお手入れできます。低温でやさしく洗いましょう。柔軟剤を使うとふんわり仕上がり、静電気も防げます。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 sentakuki か「手洗いマーク」 “手洗い" がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

「水洗い不可マーク」 “手洗い不可" がついていたら、水洗いできません。
新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができません。

準備

使用洗剤の確認

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

柔軟剤を入れると、肌ざわりがよくなるほか、静電気防止効果もあるので、すそや裏地がまとわりつきにくくなくなります。

洗濯機のコース設定

「手洗い(ドライ)コース」を使いましょう。

はじめて洗うとき

  • 色落ちテストをする(色物・柄物の場合)

中性のおしゃれ着用洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>

単独で手早く洗います。お湯は色落ちしやすいので、必ず30℃以下の水で。

シミ・汚れがあるとき

おしゃれ着用洗剤の原液を少量つけて、なじませておきます。

もみ洗いすると縮みの原因となるので、注意しましょう。

洗い方

洗濯ネットに入れる

bottoms05_01
bottoms05_02

ポケットやすその折り返し部分の、ホコリやゴミをブラシで、はらっておきます。
汚れている部分が外に出るようネットのサイズにあわせてたたんで、洗濯ネットに入れて洗います。

縮みを防ぐために、ウールやカシミヤの混紡は、必ず30℃以下の水で手早くやさしく洗いましょう。
お風呂の残り湯などの温水は、縮みの原因となりますので使わないようにしましょう。

パンツの干し方

折り線がとれないようにハンガー干しする

bottoms05_03

  1. ベルト部や脇などの縫い目の部分を軽くのばし、全体を手のひらでたたく
  2. 折り線がとれないように形をととのえ、パンツ用ハンガーにかけて、表のまま日陰で干す

日光による黄ばみや色あせを防ぐために、必ず日陰に干しましょう。

スカートの干し方

たたいてからつり干しする

bottoms05_05

  1. ベルト部や脇などの縫い目の部分を軽くのばし、全体を手のひらでたたく
  2. ピンチハンガーなどにつるし、表のまま日陰で干す

日光による黄ばみや色あせを防ぐために、必ず日陰に干しましょう。

アイロンのかけ方

テカり防止のためあて布をして、アイロンを軽くかける

bottoms05_05

  1. 中温ドライで、ポケットやファスナーまわり、縫い目はキレイにのばしながら、裏からかける
  2. 表はあて布をしてかける
  3. 腰まわりにバスタオルを丸めて入れてアイロンをかけ、立体的に仕上げる

強く押しつけると、風合いが台なしになってしまいます。

関連記事