WASHING GUIDE

デニムジャケット:型くずれを防ぐ洗濯方法

たたんで洗濯ネットに入れて洗い、衣類の大きさに合ったハンガーにかけて干すことで、型くずれを防ぎましょう。他の衣類への色移りを避けるため、洗濯前の色落ちテストも必ず行いましょう。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
  

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

ヴィンテージデニムは、購入店で水洗いが可能か確認しておきましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。濡れ干しの記号でない場合も、シワを防ぐために、脱水は短い時間に設定しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、衣類の色を確認し、決定しましょう。

おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯
「中性洗剤使用」の記載がある
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色の衣類
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

柔軟剤・衣料用漂白剤使用の検討

必要に応じて、洗剤にプラスし、柔軟剤や衣料用漂白剤を使って洗濯しましょう。

柔軟剤

  • 柔軟剤を使うことで、からまりや洗濯シワを防げます。肌ざわりよく仕上げたいときに使いましょう。

衣料用漂白剤

  • 酸素系漂白剤には、消臭・除菌効果も。しみこんだ汗・皮脂をしっかり分解し、洗いあがりスッキリ。

酸素系漂白剤は、 の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。

色落ちの確認

使用する液体洗剤の原液を目立たないところにつけ、5分後に白い布をあてて、軽く押さえます。
布に色が付いたら、単独で洗いましょう。

おろしたてのデニムは、色移りを防ぐため、他の衣類と別で洗濯しましょう。

洗濯機を使った洗い方

洗濯ネットに入れて洗う

  1. 目立つ汚れは、洗濯表示に合う液体洗剤の原液を、少量塗って軽くたたいておく
  2. ボタンは留め、えりやそで口など汚れの気になる面が表にくるようにたたむ
  3. 洗濯ネットに入れて洗濯

洗濯の基本:シワや型くずれを防ぐコツ

干し方

干す前にシワを取り、ハンガー干し

  1. 洗濯が終わったら、衣類をすぐに取り出し、振りさばく
  2. 軽くたたみ直し、手のひらでパンパンとたたいてシワを伸ばす
  3. 縫い目を伸ばして形を整え、衣類の大きさに合った厚手のハンガーにかけて干す

    えりを立てて干すことで、乾きが速くなります。

※衣類の洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。