WASHING GUIDE

下着(ブラジャー・ショーツ等):洗濯方法

複雑な形の上、装飾が多く繊細な下着は、洗濯ネットに入れて洗い、他の衣類とのからまりを防ぎましょう。肌ざわりよく仕上げたい時は、柔軟剤をプラスして洗濯しましょう。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
   

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、衣類の色を確認し、決定しましょう。

おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯
「中性洗剤使用」の記載がある
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色の衣類
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

柔軟剤使用の検討

柔軟剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。静電気や毛玉を防ぎ、手ざわりよく仕上げたいときには、柔軟剤の使用をおすすめします。

洗濯機を使った洗い方

シミなどの部分汚れは前処理

汚れが付着した部分を水で洗い流した後、スプレーまたは液体タイプの酸素系漂白剤を汚れに直接塗り、すぐに洗濯用洗剤を使って洗濯しましょう。

血液汚れはお湯で洗うと固まって落ちにくくなるのでNG!冷たい水で流しましょう。

※洗濯表示にの記号が付いている場合、漂白剤を使用できません。代わりに、洗濯用洗剤を直接塗ってから洗濯しましょう。

洗濯ネットに入れて洗う

洗濯機で洗うときは、他の衣類とからまるのを防ぐため、洗濯ネットに入れて洗います。1枚の洗濯ネットにたくさん入れず、ネットの中で衣類が動くくらいの枚数にしましょう。

ブラジャーは、専用ネットを使用します。ホックを留め、胸パッドがついている場合は、はずして一緒に入れましょう。

ブラジャーは、専用ネットを使用することで、ワイヤーの変形や型くずれを防げます。

洗濯機を使わない洗い方(手洗い)

押し洗いか振り洗いでやさしく洗う

衣類の洗濯表示で、手洗いを示すの記号の衣類も、洗濯機の「おしゃれ着(ドライ)コース」で洗濯できますが、ワイヤー入りのブラジャーなどは、他の衣類と一緒に洗うと変形することもあるので、手洗いがおすすめです。

手洗いをする際は、水に洗剤をよく溶かし、下着を入れて押し洗いか振り洗いをしましょう。ブラジャーに胸パッドがついている場合は、はずして別洗いします。

押し洗い・振り洗いの手順

タオルを使って脱水

タオル2枚を使って挟み、内側と外側からやさしく水分を吸いとりましょう。

干し方

アイテムの形状に合わせて干す

洗濯が終わったら、すぐに取り出し、アイテムの形状に合わせて干しましょう。

ブラジャー

カップの形を手で整えて、アンダーバスト部分をピンチではさんでつり干しするか、2つ折りにしてハンガー干しにすることで、伸びを防ぎます。

ショーツ

レースや刺しゅうなどの装飾を手で整えて、ピンチハンガーでつり干しします。

キャミソール

軽くたたいてシワを伸ばし、レース付きのものは両手ではさんで整えて、ハンガー干しをしましょう。

衣類の洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。