WASHING GUIDE

靴下:泥汚れ・ニオイを落とす洗濯方法

靴下の汚れは、泥汚れに汗や皮脂、垢などの混ざったもので、体重がかかることで踏み固められ、落ちにくい状態になっています。事前にもみ洗いやつけおき洗いを行ってから、洗濯しましょう。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
  

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、衣類の色を確認し、決定しましょう。

おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯
「中性洗剤使用」の記載がある
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色の衣類
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

衣料用漂白剤使用の検討

酸素系漂白剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。酸素系漂白剤をいつもの洗濯にプラスすると、洗浄効果や消臭効果が増し、汚れやニオイをすっきり落とせます。近年の酸素系漂白剤には抗菌成分が配合されており、繰り返し洗濯することでニオイの発生を防ぐ効果もあります。

泥がついている場合

できるだけ、乾く前に洗う

泥が乾く前

土汚れは乾いてしまうと落ちにくくなるため、乾かないうちに洗濯するか、すぐに洗えない場合は洗剤液に浸けこんでおきましょう。

泥が乾いた後

洗濯した際に、他の洗濯物を汚してしまうのを避けるため、手ではらったりもんだりし、なるべく取り除いてから洗濯します。

ガンコな汚れの場合

ガンコな汚れは、もみ洗いをする方法と、高濃度の洗剤液でつけおきする、もみ洗い不要の洗い方があります。時間や汚れ具合によって合う洗い方を選びましょう。

方法① 洗濯前に、もみ洗い

部分洗い用洗剤か、使用する液体洗剤を塗布し、洗い桶の中で汚れている部分をもみ洗いしてから洗濯します。

方法② 洗濯前に、つけおき洗い

高濃度の洗剤液につけこむつけおき洗いをすれば もみ洗いをする手間が不要で、手軽によりキレイになります。ガンコな汚れには、漂白剤入りの洗濯用洗剤を使ったつけおき洗いがおすすめです。

※洗濯表示にの記号がついている場合、漂白剤入りの洗濯用洗剤は使用できません。

高濃度つけおき洗いの手順

  1. 洗い桶にぬるま湯を張る
  2. 漂白剤入りの洗濯用洗剤を、使用量の目安の6倍程度の濃さに溶かす
  3. 靴下を入れ、色柄物なら2~3時間(最大8時間)、白物なら一晩ほどつけおき洗いをする

    ※金属類(ファスナー、フックなどの留め具)がついた靴下は、つけおき時間を1時間以内にしてください。

  4. つけおきが終わったら取り出して、他の洗濯物と一緒に洗濯

干し方

ピンチハンガーでつり干し

ゴム部分を上にして、ピンチハンガーでつり干しします。

衣類の洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。