WASHING GUIDE

機能性下着:伸び・型くずれを防ぐ洗濯方法

速乾性や保温性が高く、ラインナップも豊富な機能性下着。伸びや型くずれを防ぐため、洗濯ネットに入れて洗いましょう。柔軟剤を使用することで、肌ざわりよく仕上がります。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
  

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、衣類の色を確認し、決定しましょう。

おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯
「中性洗剤使用」の記載がある
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色の衣類
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

柔軟剤・衣料用漂白剤使用の検討

必要に応じて、洗剤にプラスし、柔軟剤や衣料用漂白剤を使って洗濯しましょう。

柔軟剤

柔軟剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。柔軟剤を使用すると静電気や毛玉を防ぎ、肌ざわりよく仕上がります。

衣料用漂白剤

酸素系漂白剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。酸素系漂白剤をいつもの洗濯にプラスすることで、洗浄効果や消臭効果が増し、しみこんだ汗や汚れ、ニオイをすっきり落とせます。

洗濯機を使った洗い方

しつこい汚れ・ニオイは、事前につけおき

しつこい黄ばみなどの汚れやニオイには、つけおきが効果的です。衣類の洗濯表示にの記号がついていなければ、酸素系漂白剤を使用して、洗濯前につけおき洗いをしましょう。

つけおき洗いの手順

ぬるま湯に、「粉末タイプ」の酸素系漂白剤をつけおき濃度で溶かし、衣類を約30分浸します。その後、洗剤を使って洗濯してください。衣類の生地を傷めたり、色落ちすることがあるので2時間以上は浸さないでください。

※素材が毛・絹の場合は、「液体タイプ」の酸素系漂白剤と洗剤を水に溶かし、つけおきしてください。

洗濯ネットに入れて洗う

他の衣類とからまって、伸びたり型くずれしたりしないよう、洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。

干し方

ハンガー干し

洗濯が終わったらすぐに取り出し、軽くたたいてシワを伸ばしてから、ハンガーにかけて干しましょう。

衣類の洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。