WASHING GUIDE

マフラー・手袋:ふっくら仕上げる洗濯方法

おしゃれ着用洗剤を使って洗い、柔軟剤も使用することで、静電気や毛玉を防ぎ、ふっくら肌ざわりよく仕上がります。乾いた後は、アイロンで全体にスチームをかけるひと手間も加えましょう。

※衣類の洗濯表示にの記号がついている場合、家庭では洗濯できません。事前にご確認ください。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

洗濯機のコースは「おしゃれ着(ドライ)コース」などの、やさしく洗えるコースに設定し、「おしゃれ着用洗剤」を使って洗濯します。

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。

色落ちの確認

  1. 使用するおしゃれ着用洗剤の原液を目立たないところにつけ、5分後に白い布をあてて、軽く押さえます。
  2. 布に色が付いたら、単独で洗う

洗濯機を使った洗い方

洗濯ネットに入れて洗う

  1. 目立つ汚れは、おしゃれ着用洗剤の原液を少量つけ、指で軽く押さえてなじませる
  2. 洗濯ネットのサイズに合わせてたたみ、ネットに入れる

    マフラーのフリンジは、バラバラにならないように内側にたたみましょう。

  3. 「おしゃれ着用洗剤」と、「柔軟剤」をセットし、おしゃれ着コースで洗濯

    柔軟剤を使用することで、ふんわり柔らかく仕上がり、毛玉・静電気を防止します。

洗濯機を使わない洗い方(手洗い)

押し洗いで洗濯

衣類の洗濯表示で、手洗いを示すの記号の衣類も、洗濯機の「おしゃれ着(ドライ)コース」で洗濯できますが、色落ちする衣類を単独で洗う場合など、手洗いの方が便利なこともあります。

  • 手洗いをする際は、30℃以下の水に洗剤をよく溶かし、衣類を入れてやさしく押し洗いしましょう。

押し洗いの手順

干し方

干す前に形を整え、日陰で干す

  1. 洗濯が終わったら、衣類をすぐに取り出す
  2. 手のひらで軽くたたいてシワを取り、形を整える
  3. アイテムの形状に合わせ、日陰で干す

マフラー

  • 速く乾かすため、物干しざお2本を使ってM字になるように干す

※ざっくり編みのマフラーは、伸びを防ぐため平干ししましょう

手袋

  • 型くずれを防ぐために、平干し用ハンガーや、ピンチハンガーの上などに置いて干す

紫外線で変色・黄ばみが発生するので、必ず日陰に干しましょう。

仕上げ

アイロンのスチームでふんわり

  • アイロンを浮かせ、スチームをたっぷりかけると、シワが取れ、ふんわり仕上がります。

※衣類の洗濯表示の記号の近くに「あて布使用」などの言葉が記載されている場合は、薄手の布で覆った上からアイロンをかけましょう。

アイロンがけの基本

フリンジ部分はブラッシング

  • フリンジ部分は、洋服ブラシでやさしくブラッシングするとまっすぐになります。