• M字干し
  • 平干し
  • 陰干し
  • おしゃれ着用洗剤

長くてからまりやすく、型くずれや毛羽立ちやすい素材も多いので、ネットに入れて洗いましょう。柔軟剤を使うと、静電気も防げます。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。
新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができません。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

準備

使用洗剤の確認

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

柔軟剤を入れると、ふんわり軽く仕上がり、静電気を防ぐ効果もあります。

はじめて洗うとき

  • 色落ちテストをする

目立たないところに、中性のおしゃれ着用洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 で色がついたら>
<新表示で色がついたら>

単独で手早く洗いましょう。

洗濯機での洗い方

洗濯機のコース設定

取扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース
新しい取扱い表示 「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

洗濯ネットに入れる

フリンジがついているものは、フリンジがバラバラにならないようにします
洗濯ネットの大きさに合わせ、フリンジ部分が内側になるようにたたんでネットに入れて洗います

フリンジがついているものは、フリンジがバラバラにならないようにします。
洗濯ネットの大きさに合わせ、フリンジ部分が内側になるようにたたんでネットに入れて洗います。

 

手洗いの方法

洗面ボウルや洗いおけにおしゃれ着用洗剤をよく溶かし、やさしく押し洗いします

洗面ボウルや洗いおけにおしゃれ着用洗剤をよく溶かし、やさしく押し洗いします。

干し方

ストール・マフラーの干し方

日陰でM字干しにする

  1. 洗濯機から取り出したら、軽くたたいてシワをのばす
  2. 日陰でM字干しにする

手袋の干し方

日陰で平干しにします

日陰で平干しにします。

ストール・マフラーのアイロンのかけ方

スチームの浮かせがけをする

フリンジは、洋服ブラシでやさしくブラッシングしてととのえます

ウールやカシミヤは、スチームアイロンを浮かしてかけます。
フリンジは、洋服ブラシでやさしくブラッシングしてととのえます。