• 洗濯ネット
  • 陰干し
  • おしゃれ着用洗剤

洗えるものはネットに入れてやさしく洗いましょう。柔軟剤でふっくらと仕上げます。洗えないものは、ときどきふいてお手入れしましょう。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

日ごろのお手入れ方法

毛並みに沿ってブラッシングする

毛並みの乱れを防ぐために、着用後は、毛並みに沿ってブラッシングします。 えりなどの汚れやすい部分は、とくに念入りに。

雨・雪でぬれたときは

  1. 軽く振って水分を落とし、タオルドライする
  2. 風通しのよいところで陰干しする
  3. 乾いたあとは、毛並みの方向にブラッシングしながら、低温で軽くドライヤーをかける

汚れが気になったときのお手入れ方法

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 sentakuki か「手洗いマーク」 tearai がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

「水洗い不可マーク」 “手洗い不可" がついているもの、リアルファーは水洗いできません。
新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができません。専門店に任せましょう。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

準備

使用洗剤の確認

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

洗濯機のコース設定

手洗い(ドライコース)で洗いましょう。

肌ざわりよく仕上げたいときは、柔軟剤を入れると、ふんわり軽く仕上がり、静電気を防ぐ効果もあります。

洗い方

洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れる

軽くたたんで、洗濯ネットに入れて洗います。

干し方

陰干しする

陰干しする

風通しのよいところで陰干しします。

 

ドライヤーをあてる

accessory06_02

乾いたら、低温でドライヤーを軽くあて、毛先を洋服ブラシでブラッシングします。

 

 

関連記事