• 洗濯ネット
  • 陰干し
  • おしゃれ着用洗剤

汚れやハウスダスト除去のためにも、絵表示を確認し洗えるものは丸洗いを。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

「水洗い不可マーク」 「水洗い不可マーク」 がついていたら、水洗いできません。
新表示の場合はがついていたら、家庭での洗濯ができません。

アンティークのもの、布地が傷みやすいもの、中綿がポリエステル綿でないもの、特殊な加工がしてあるもの等は水洗いできません。

準備

使用洗剤の確認

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

シミ・汚れがあるとき

おしゃれ着用洗剤の原液をつけて、軽くたたいておきます。

洗濯機での洗い方

付属品をはずしてネットに入れる

目の大きいネットに入れておきます

リボンなど、付属品がついていたらはずしておきます。
目の大きいネットに入れておきます。

洗濯機のコース設定

「手洗い(ドライ)コース」で2~3分洗います。

シワにならないよう、脱水は短めに。

バスタオルなどに包んで1分以内で脱水をすると、傷みを軽減できるのでおすすめです。

干し方

風通しのよいところに置いて乾かす

形をととのえて、風通しのよい日陰に置いて乾かしましょう

形をととのえて、風通しのよい日陰に置いて乾かしましょう。

乾いたら、やわらかいブラシなどを使って毛並みをととのえてください。

中綿は乾きにくいので、カラリとした晴天の日を選んで、洗濯しましょう。

毛足の長いものは、完全に乾く前にブラシをかけると、きれいに仕上がります。

洗えないもののお手入れ

関連記事