WASHING GUIDE

布製の靴(上履き・スニーカー):洗濯方法

上履きやスニーカーの汚れは、泥や汗、皮脂などが混ざっており、汚れたままにしておくと、黄ばみやニオイの原因にもなります。こまめに洗ってきれいに保ちましょう。

洗濯前の確認事項

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、靴の色を確認し、決定しましょう。

おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
の洗濯表示がついている
「中性洗剤使用」の記載がある
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色の靴
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

洗濯前の前処理

ホコリや汚れをたたき出す

中敷き、靴ひもなど取り外しできるものがある場合はすべて取り外し、ホコリや汚れをたたき出しておきます。

部分汚れは事前に洗う

泥はねなどの部分汚れがついている場合は、洗濯前にスプレータイプの洗濯用洗剤を直接スプレーし、ズック用ブラシや古歯ブラシなどでこすっておきます。「中性洗剤使用」の記載がある場合は、おしゃれ着用洗剤の原液を汚れに塗布し、こすりましょう。

つけおき洗い

上履きやスニーカーなどの布製の靴は、洗剤と漂白剤を使ったつけおきで洗いましょう。30分のつけおき後、ブラシでこする方法と、高濃度の洗剤液で一晩つけおきし、こすり洗い不要の洗い方があります。時間や靴の素材、汚れ具合によって洗い方を選びましょう。

方法① 30分つけおき

洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を手洗い濃度に薄めた洗剤液を作り、靴を入れて約30分つけおきします。

漂白剤入りの洗濯用洗剤を使用すると便利です。

つけおき後、汚れている部分はブラシなどを使い、こすって落とします。汚れが落ちたら、水を替えて丁寧にすすぎましょう。

不十分なすすぎは変色の原因に。しっかりすすいで洗剤分が残らないようにしましょう。

方法② 一晩つけおき

高濃度の洗剤液につけこむ方法で、こすり洗いする手間が不要になります。ガンコな汚れには、漂白剤入りの洗濯用洗剤を使ったつけおき洗いがおすすめです。

※洗濯表示にの記号がついている場合、漂白剤入りの洗濯用洗剤は使用できません。

高濃度つけおき洗いの手順

  1. 洗い桶にぬるま湯を張る
  2. 漂白剤入りの洗濯用洗剤を、使用量の目安の6倍程度の濃さに溶かす
  3. 靴を入れ、色柄物なら最大8時間、白物なら一晩ほどつけおき洗いをする

    ※金属類(ファスナー、フックなどの留め具)がついた衣類は、つけおき時間を1時間以内にしてください。

  4. 洗い終わったら、洗剤液から靴を取り出し、きれいな水に替え、丁寧にすすぐ

脱水と干し方

洗濯機で脱水

古いタオルなどに上履きを包み、洗濯機で2~3分脱水して水分を飛ばしましょう。

ななめに立てかけ、しっかり乾かす

形を整えて、乾きやすいようにななめに立てかけ、風通しの良い日陰でしっかり乾かしましょう。

直射日光に当てると、素材が縮んで型くずれや色あせの原因になるので避けましょう。