• 洗濯ネット

のびたり型くずれしたりしやすいので、やさしく洗いましょう。濃色のものは、色あせを防ぐために陰干しを。汗や汚れが付着したら、放置せずできるだけ早めに落としましょう。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

準備

使用洗剤

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取扱い絵表示に「中性」とあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
新表示「中性洗剤使用」または「中性」表示のあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
取扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

酸素系漂白剤を使うと、消臭・除菌効果も。しみこんだ汗、皮脂や菌までしっかり分解して、洗いあがりスッキリ。

柔軟剤を使うと、肌ざわりがよくなるだけでなく、防臭・抗菌効果があるものも。目的にあわせて使い分けましょう。

洗濯機のコース設定

取扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース
新しい取扱い表示 「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

 シワを防ぐために、脱水は短めに。

はじめて洗うとき

  • 色落ちテストをする

目立たないところに、使用する液体洗剤の原液をつけて、5分ほどおいて白い布などで押さえます。

<色落ちテストで色がついたら>

色がついたら、単独で手早く洗いましょう。

洗い方

シミ・汚れがあるとき

シミやえりの汚れがあるときは、洗濯前に処理をしておきます。

<取扱い絵表示に「中性」とないもの>

部分洗い用洗剤をスプレーするか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

  • 部分洗い用洗剤をスプレーするか、使用する液体洗剤の原液を塗布しておく

<取扱い絵表示に「中性」とあるもの>
<新表示「中性洗剤使用」または「中性」とあるもの>

  • おしゃれ着用洗剤の原液を塗布しておく

黄ばみ・ニオイなどのしつこい汚れには、高濃度つけおき洗濯がおすすめ。
ぬるま湯に「アタック高浸透リセットパワー」を、使用量の目安の6倍程度の濃さ(水5Lに洗剤24g)に溶かし、衣料品を入れてつけおきます。
<つけおき時間の目安>
・白物…一晩~1日
・色物…8時間以内
※ゴム部分は黄変やのびなどの劣化があるので、つけおき時間は守りましょう。
※金属類の留具や装飾のついたもののつけおき時間は、1時間以内にしてください。

ドロ汚れがあるとき

部分洗い用洗剤をぬり、もみ洗いしておきます。

ドロはねなどの汚れは、できるだけ早く洗うのがポイント。
乾くと、繊維の間にドロが入りこんで落ちにくくなってしまいます。すぐに洗えないときは、洗剤を溶かした水につけておけば、あとがラクチン。
乾いてしまったときは、他の衣類に移らないよう表面の土をよくはらい落としてから、洗うようにしましょう。

洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れる

表面にプリントされているもの、装飾がついているものは、裏返しにしてから洗濯ネットに入れて洗いましょう。

スパッツやタイツなどは必ず目の細かい洗濯ネットに入れます。ネットの中で衣類が動くくらいの枚数が目安です。

濃色系のものは、ほかの衣類から毛羽がついて目立ったり、色移りしたりするので、単独洗いをおすすめします。

干し方

トップスはハンガー干しする

とくにえりまわりをととのえて、ハンガー干しする

  1. たたんで全体をパンパンと軽くたたいて、シワをのばす
  2. とくにえりまわりをととのえて、ハンガー干しする

濃色の場合は、色あせを防ぐために必ず陰干しで。裏返して干すのもおすすめ。えりがあるものは、えりを立てないで干しましょう。

ボトムスはつり干しする

  1. 軽く振りさばいて形をととのえる
  2. ピンチハンガーで筒状につり干しする

スパッツ・タイツなどは、さお干しかつり干しする

スパッツ・タイツなどは、さお干しかつり干しする

ひっかかって、伸びたりほつれたりしないよう、股下に両足をくぐらせ、さおやハンガー、ピンチハンガーなどに干します。
黄ばみ・色あせを防ぐために、必ず陰干しします。

関連記事