• 陰干し
  • おしゃれ着用洗剤

自宅に持ち帰る前に水洗いをし、帰ったらなるべく早く洗うのがベスト。生地を傷めないよう、洗濯はやさしく、脱水は短めに。

準備

使用洗剤の確認

  • 中性のおしゃれ着用洗剤

自宅に持ち帰る前に

脱いだらすぐにざっと水で洗い、軽くしぼってタオルにくるんで持ち帰ります

  • <プールの場合>
    消毒液は漂白作用があり、色落ちや繊維を傷める原因に。脱いだらすぐにざっと水で洗い、軽くしぼってタオルにくるんで持ち帰ります。
  • <海の場合>
    砂汚れは水を勢いよくあてて、なるべく落としておきます。残った砂は、乾燥後、生地を軽くひっぱりながら指ではじくようにすると取り除けます。

オイルなどが繊維に残ったままだと、繊維を傷める原因になります。とくにゴム部分は弱いので、つけないように気をつけましょう。

シミ汚れがあるとき

オイルや日やけ止めがついてしまった部分は、おしゃれ着用洗剤をつけて軽くたたき、落としておきます。

洗濯機での洗い方

洗濯機のコース設定

「手洗い(ドライ)コース」で洗います。

生地が傷みやすいので、脱水は短めに。

洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れる

ホックやファスナーなどを閉じ、洗濯ネットに入れて洗いましょう。
ビキニやセパレーツなど上下が分かれている水着の場合は、別々に洗うと、色の差がでることがあるので、必ずセットで洗いましょう。

ビーズやコサージュなどがついているものは、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

手洗いの方法

押し洗いか振り洗いをする

30℃以下の水におしゃれ着用洗剤を入れて、押し洗いか振り洗いをします

30℃以下の水におしゃれ着用洗剤を入れて、押し洗いか振り洗いをします。

干し方

陰干しする

形をととのえて、必ず日陰でハンガー干しします

形をととのえて、必ず日陰でハンガー干しします。

ピンチハンガーの真ん中に水着を、まわりにタオルなどを干すことで、日光があたる場合でも陰干しできます。

outer01_04生地を傷めるので、乾燥機の使用はNG。

 

 

関連記事