WASHING GUIDE

カーテン・レースカーテン:洗濯方法

湿度が高い梅雨~夏や、結露しやすい冬は、カーテンが湿りやすく、そこに汚れがあるとカビが生えやすくなります。漂白剤やつけおきコースを活用し、定期的に洗濯して汚れを落としましょう。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
   

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

黒ずみや全体の汚れがある場合

しつこい汚れには、「つけおきコース」が効果的です。「つけおきコース」がない場合は、通常のコースで洗濯し、洗濯物全体が水にひたったところで一時停止します。30分ほど置いたら、再スタートして通常通り洗濯しましょう。汚れがひどい場合は、洗濯液をかえて2度洗いしましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、カーテンの色を確認し、決定しましょう。

  おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯    
「中性洗剤使用」の記載がある    
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色のカーテン
 
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

柔軟剤・衣料用漂白剤使用の検討

必要に応じて、洗剤にプラスし、柔軟剤や衣料用漂白剤を使って洗濯しましょう。

柔軟剤

柔軟剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。柔軟剤を使うことで、静電気や毛玉・毛羽立ちを防ぎ、しなやかに仕上がります。

衣料用漂白剤

酸素系漂白剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。酸素系漂白剤をいつもの洗濯にプラスすると、洗浄効果や消臭効果が増し、汚れもニオイもスッキリ落とせます。気になるシミや黒ずみがある場合、使用しましょう。

洗濯前の準備

汚れ具合をチェック

レールにかかった状態で、カーテン全体の汚れ具合をチェックします。特に汚れやすいすそやひだの部分は、しっかり確認しましょう。

フックを外す

フックを外し、外でホコリをはらいます。カーテンレールや網戸、窓が汚れている場合は、せっかく洗ったカーテンに汚れがつかないよう、洗濯が終わるまでの間に掃除しておきましょう。

カーテンレール・ブラインドの掃除

網戸・窓ガラス・サッシの掃除

洗濯機を使った洗い方

汚れ・シミの前処理

汚れがひどい部分には、使用する洗濯用洗剤の原液を汚れに塗布し、指でなじませておきましょう。目立つシミがある場合には、酸素系漂白剤をシミの部分に塗布し、すぐ洗濯します。

※洗濯表示にの記号がついている場合、漂白剤は使用できません。

洗濯ネットに入れて洗う

洗濯ネットのサイズにあわせ、タテ・ヨコの順に屏風だたみします。汚れのひどい部分がなるべく外側にくるようにたたみましょう。

洗濯シワを防ぐため、洗濯ネットに入れ、「洗剤」と、「柔軟剤」や「衣料用漂白剤」をセットし、洗濯します。

干し方

たたいてシワを伸ばす

洗濯が終わったらすぐに取り出します。軽く振りさばいて大きなシワを伸ばした後、4つ折りくらいにたたみ、手のひらでパンパンとたたいて細かいシワを伸ばしましょう。

カーテンレールにかけて干す

レール幅いっぱいにカーテンを広げ、生地を軽く引っ張りながらシワを伸ばし、形を整えて干しましょう。

速く乾かしたい時は、窓を少し開けて通気を良くするか、エアコンの除湿機能を使います。