WASHING GUIDE

テーブルクロス・ランチマット:洗濯方法

食べこぼしのシミは、スプレータイプの酸素系漂白剤で落としましょう。乾ききる前にアイロンがけをすることで、シワをラクに伸ばせます。アイロン用のり剤を使ってパリッと仕上げましょう。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
  

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、クロスやマットの色を確認し、決定しましょう。

 おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯  
「中性洗剤使用」の記載がある  
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色のクロス
 
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

柔軟剤・衣料用漂白剤使用の検討

必要に応じて、洗剤にプラスし、柔軟剤や衣料用漂白剤を使って洗濯しましょう。

柔軟剤

柔軟剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。柔軟剤を使うことで、毛玉・毛羽立ちを防ぎ、しなやかに仕上がります。

衣料用漂白剤

酸素系漂白剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。酸素系漂白剤をいつもの洗濯にプラスすると、洗浄効果や消臭効果が増し、汚れもニオイもスッキリ落とせます。

洗濯機を使った洗い方

シミ汚れを前処理

シミ汚れには、スプレータイプの酸素系漂白剤を直接スプレーし、すぐに洗濯します。

※洗濯表示にの記号が付いている場合、漂白剤を使用できません。代わりに、洗濯用洗剤を直接塗ってから洗濯しましょう。

洗濯前の準備:ひどい汚れ・シミの前処理

洗濯ネットに入れて洗う

洗濯ネットのサイズにあわせ、タテ・ヨコの順に屏風だたみします。汚れのひどい部分がなるべく外側にくるようにたたみましょう。

洗濯シワを防ぐため、洗濯ネットに入れ、「洗剤」と、「柔軟剤」や「衣料用漂白剤」をセットし、洗濯します。

干し方

干す前に洗濯シワを取る

洗濯が終わったらすぐに取り出します。軽く振りさばいて大きなシワを伸ばした後、タテヨコの順に折りたたみ、手のひらでパンパンとたたいて細かいシワを伸ばしましょう。

干して9割方乾かす

テーブルクロス

物干しざおを2本使い、M字になるように干します。

ランチマット

ピンチハンガーを使い、つり干ししましょう。

※洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。

アイロンのかけ方

乾ききる前にアイロンがけ

乾いてからではシワが取れにくいため、九割方乾いたところで、アイロンがけをしましょう。アイロン用のり剤を使うと、パリッとした仕上がりが長持ちします。広げた時にめくれあがるのを防ぐため、フチまでしっかりかけましょう。

撥水加工してあるクロスは変色することがあるため、必ず裏からかけましょう。

※衣類の洗濯表示の記号の近くに「あて布使用」などの言葉が記載されている場合は、薄手の布で覆った上からアイロンをかけましょう。