WASHING GUIDE

こたつ掛けカバー:洗濯方法

手垢や皮脂、食べこぼしなどで汚れやすいこたつ掛けカバー。肌に触れるものこそ、こまめに洗って清潔に保ちましょう。シミは、酸素系漂白剤をつけてから洗いましょう。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
  

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、カバーの色を確認し、決定しましょう。

 おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯  
「中性洗剤使用」の記載がある  
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色のカバー
 
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

柔軟剤・衣料用漂白剤使用の検討

必要に応じて、洗剤にプラスし、柔軟剤や衣料用漂白剤を使って洗濯しましょう。

柔軟剤

柔軟剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。柔軟剤を使うことで、毛玉・毛羽立ちを防ぎ、肌ざわりよく仕上がります。

衣料用漂白剤

酸素系漂白剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能です。色柄物にも使えます。酸素系漂白剤をいつもの洗濯にプラスすると、洗浄効果や消臭効果が増し、汚れもニオイもスッキリ落とせます。

洗濯機を使った洗い方

シミ汚れを前処理

皮脂汚れや黄ばみ、シミなどが気になるときは、スプレータイプの酸素系漂白剤を直接スプレーし、すぐに洗濯します。

※洗濯表示にの記号が付いている場合、漂白剤を使用できません。代わりに、洗濯用洗剤を直接塗ってから洗濯しましょう。

特に汚れやニオイが気になるとき

洗濯表示に合った洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を入れたぬるま湯に、30分程度つけおきしてから洗濯しましょう。

洗濯前の準備:ひどい汚れ・シミの前処理

洗濯ネットに入れて洗う

洗濯ネットのサイズにあわせ、タテ・ヨコの順に屏風だたみします。汚れのひどい部分がなるべく外側にくるようにたたみましょう。

洗濯シワを防ぐため、洗濯ネットに入れ、洗剤と柔軟剤や衣料用漂白剤をセットし、洗濯します。

干し方

干す前に洗濯シワを取る

洗濯が終わったらすぐに取り出します。軽く振りさばいて大きなシワを伸ばした後、たたんで、手のひらでパンパンとたたいて細かいシワを伸ばしましょう。

さおを使ってM字干し

物干しざおを2本使い、M字になるように干します。

M字に干すことで、風通しがよくなり、厚みのあるカバーも速く乾きます。

※洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。