WASHING GUIDE

まくらカバー:ニオイまで落とす洗濯方法

まくらカバーには、寝ている間に汗や皮脂がしみこみます。ニオイや皮脂汚れ、黄ばみには酸素系漂白剤を使うと効果的。特にニオイが気になるときは、つけおきをしてから洗濯しましょう。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
  

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、カバーの色を確認し、決定しましょう。

 おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯  
「中性洗剤使用」の記載がある  
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色のカバー
 
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

洗濯機を使った洗い方

汚れを前処理してから洗濯

シミなどの汚れがあるときは、洗濯表示に合う液体洗剤の原液を塗って軽くたたいておきましょう。

特に汚れやニオイが気になるとき

洗濯表示に合った洗濯用洗剤と酸素系漂白剤を入れたぬるま湯に、30分程度(最大2時間)つけおきしてから洗濯しましょう。

※洗濯表示にの記号がついている場合、酸素系漂白剤を使用できません。

洗濯前の準備:ひどい汚れ・シミの前処理

衣料用漂白剤も使って洗濯

汗や皮脂が気になるまくらカバーには、酸素系漂白剤の使用がおすすめです。洗剤と一緒に、酸素系漂白剤をセットして洗濯しましょう。

酸素系漂白剤は、の洗濯表示が付いていない、すべての衣類で使用可能で、色柄物にも使えます。

酸素系漂白剤を使うと、しみこんだ汗や皮脂などもしっかり分解してくれます。

干し方

干す前に洗濯シワを取る

洗濯が終わったらすぐに取り出します。軽く振りさばいて大きなシワを伸ばした後、たたんで手のひらでパンパンとたたき、細かいシワを伸ばしましょう。

さおを使ってM字干し

ピンチハンガーで留めて干しましょう。洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。

ふとん・マットレス・まくらのお手入れ