皮脂汚れ・黄ばみ・ニオイがあるときは、酸素系漂白剤を入れて洗うと効果的。抗菌効果のある柔軟剤で仕上げると、清潔に保てます。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

絵表示チェック

水洗い可能か絵表示を確認

取扱い絵表示をチェックしましょう。
「洗濯機マーク」 「洗濯機マーク」 か「手洗いマーク」 「手洗いマーク」 がついていたら、水洗いOKです。

新表示の場合はがついていたら、家庭で洗濯ができます。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

準備

使用洗剤

  おしゃれ着用中性洗剤
(エマール)
一般衣料用洗剤(蛍光剤無配合)
(ウルトラアタックNeoなど)
一般衣料用洗剤(蛍光剤配合)
(アタック 高活性バイオEXなど)
取扱い絵表示に「中性」とあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
新表示「中性洗剤使用」または「中性」表示のあるもの 取り扱い絵表示に「中性」とあるもの × ×
取扱い絵表示に「中性」とないもの きなりや淡い色のもの ×
それ以外
※汚れの程度に合わせてお選びください

◎おすすめ ○使用可能 ×使用不可

黄ばみや汚れ、ニオイが気になるときは、酸素系漂白剤を洗剤といっしょに入れて洗濯すると漂白・消臭できるのでおすすめ。

柔軟剤には、肌ざわりがよくなるだけでなく、防臭効果・抗菌効果があるものも。目的にあわせて使い分けましょう。

洗濯機のコース設定

取扱い絵表示にあわせて、コースを選びましょう。

取扱い絵表示 「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
「洗濯機マーク」のみ 「洗濯機マーク」+弱水流マーク 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース
新しい取扱い表示 「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
「洗濯処理マーク」+下線1本 「洗濯処理マーク」+下線2本 「手洗いマーク」
おすすめコース 標準コース 手洗い(ドライ)コース 手洗い(ドライ)コース

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

洗い方

洗濯機で洗います。

汚れがひどい場合

汚れがひどいときは、洗濯機や洗いおけで2時間程度つけおきをしてから洗います

汚れがひどいときは、洗濯機や洗いおけで2時間程度つけおきをしてから洗います。

干し方

形をととのえてから干す

手でパンパンと軽くたたいて形をととのえてから、ピンチハンガーで干すか、さお干しします。

 

関連記事