WASHING GUIDE

タオルケット:ふんわり仕上げる洗濯方法

毎日肌にふれるものこそ、こまめに洗濯して清潔に保ちましょう。タオルケットをふんわり肌ざわりよく仕上げるには、洗濯ネットに入れること、柔軟剤を使って洗濯することが重要です。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

衣類の洗濯表示で、家庭洗濯のやり方を示すの記号を確認して、洗濯機のコースを設定しましょう。の記号の中に記載された数字は、洗濯液の液温の上限です。

標準コース
(おまかせ)
おしゃれ着コース
(ドライ)
家庭洗濯
NG
   

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

使用洗剤の決定

使用する洗剤は、洗濯表示や、記号の近くに記載される「中性洗剤使用」などの言葉、タオルケットの色を確認し、決定しましょう。

  おしゃれ着用
洗剤
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤無配合]
一般洗濯用洗剤
[蛍光剤配合]
おしゃれ着コースで洗濯    
「中性洗剤使用」の記載がある    
「中性洗剤使用」の記載がなく、
きなり・淡色のタオルケット
 
上記以外

洗濯用洗剤:種類と選び方

洗濯機を使った洗い方

シミ汚れの前処理

目立つ汚れは、洗濯表示に合う液体洗剤の原液を塗り、軽くたたいておきましょう。

洗濯前の準備:ひどい汚れ・シミの前処理

屏風だたみで洗濯ネットに入れる

洗濯ネットのサイズにあわせ、タテ・ヨコの順に折り、屏風のようにたたみます。

汚れのひどい部分がなるべく外側にくるようにして、大きめの洗濯ネットに入れます。

洗濯ネットに入れることで、毛羽立ちや毛並みの乱れを防ぎ、肌ざわりよく洗い上げます。

柔軟剤を使って洗濯

「洗剤」と「柔軟剤」をセットして、洗濯しましょう。柔軟剤を使うことで、毛羽立ちを防ぎ、ふんわりやわらかく仕上がります。香りをつけるもの、抗菌・防臭タイプもあるので、目的に合わせて選びましょう。

干し方

干す前にふりさばく

洗濯が終わったらすぐに取り出し、軽く振りさばいて大きなシワを伸ばしましょう。

パイル地のタオルケットは、ふりさばいてから干すとパイルが立ち上がり、ふんわりします。

さおを使ってM字干し

風通しが良くなるように、物干しざおを2本使い、M字になるように干します。早く乾かしたいときは、ときどき裏返します。

※洗濯表示にの記号が付いている場合は、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。