WASHING GUIDE

スーツ:日ごろのお手入れ方法

着用後、ハンガーにかけて、ブラッシングすることを習慣にしましょう。毎日着続けるとシワや型くずれの原因になるので、何着か用意して着回し、適度に休ませるようにしましょう。

毎日のお手入れ

着用後、すぐにしまわない

  1. ポケットの中身を全て出す
  2. ジャケットは厚手のハンガー、スラックスはスラックス用ハンガーにかけ、風を通す

    型くずれの原因になるので、ジャケットの前ボタンは外しましょう。

     

    スラックスは、逆さにつるし、ウエスト部分の重みでシワを伸ばしましょう。

  3. 20~30cm離し、全体が軽く湿る程度に衣料用除菌消臭剤をスプレー
  4. 洋服ブラシで下から上にブラッシングしてホコリを浮かせ、次は上から下で、ホコリを落とす

シワが目立つとき

シワとり剤をスプレーして伸ばす

衣料用シワとり剤を、全体が軽く湿る程度にスプレーし、生地を手で伸ばします。

シワが目立つ背中、シワがつきやすいひじ・ひざ裏・おしりは多めにスプレーしましょう。

汚れが気になるとき

かたくしぼったタオルで濡れ拭き

  1. 水をかたくしぼったタオルで、首回りなど気になる部分をていねいに拭く
  2. 風通しのよい日陰でハンガー干し

最近はウォッシャブルスーツも販売されています。衣類の洗濯表示にの記号がついていなければ、家庭で水洗いができますので、タグや洗濯表示を確認してお手入れをしましょう。

洗えるスーツ:型くずれを防ぐ洗濯方法

長持ちさせるポイント

ローテーションで着まわし

スーツは、1日着用したら2日休ませるのが理想です。最低でも2着用意し、ローテーションで着まわすことで、傷みを防いで長持ちさせましょう。

ネクタイ:日ごろのお手入れ方法