2016年12月より、衣類等の取扱い表示が変更されます。これまでの絵表示とは、デザインだけではなく考え方も異なります。記号を理解して、上手に洗濯しましょう。

取扱い絵表示が変更された背景

取扱い絵表示が新しい表示に

これまで、日本国内の取扱い絵表示は、日本工業規格(JIS)という日本独自の規格により定められた表示を使用していました。 しかし近年、衣類の生産や流通がグローバル化し、海外との取引が一般的になりました。また、洗濯機や洗剤が多様化し、クリーニングの技術も進歩しました。このような変化に対応し、より利便性を高めるため、ISO(国際規格)と同じ記号を使うことになったのです。

これまでの絵表示

新しい取扱い表示のポイント

5つの基本記号と付加記号・数字の組み合わせ

5つの基本記号に線(-)や点(●)、数字を組み合わせて表します。 ※記号だけで伝えられない情報は、簡単な言葉で記号の近くに記載される場合があります。

〈5つの基本記号(表示順)〉

  • 家庭洗濯
  • 漂白
  • 乾燥
  • アイロン
  • クリーニング

〈洗濯等の強さを示す付加記号(基本記号の下に表示)〉

線(-)が増えるほど弱くなります。

線(-)は、「マイナス」ととらえると覚えやすいでしょう。

洗濯等の強さを示す付加記号

〈アイロン等の温度を示す付加記号(基本記号の中に表示)〉

点(●)の数が増えるほど高くなります。

温度を示す付加記号

〈温度を示す付加記号(基本記号の中に表示)〉

家庭洗濯での洗濯液の上限温度を数字で表します。

〈禁止を示す付加記号〉

その処理ができないこと(禁止)を表します。

新しい表示は取扱い方の上限を表す

これまでの「指示(推奨)表示」から「上限表示」に変わります。上限表示とは、記号が示す強さ(高さ)が限度であり、同等かそれよりも弱い(低い)範囲で洗濯できることを表します。どの強さ(高さ)で洗うかは自分で判断する必要があります。

〈洗濯機洗いの強さ〉

洗濯機洗いの強さ

※洗濯機の機種により異なります。各洗濯機メーカーのホームページの取扱い説明書等をご確認ください。

記号の種類が増え、より細かな表示に

これまで22種類だった記号が41種類に増え、より細かな表示になります。

〈新しい記号の例〉

  • 手洗いによる洗濯処理ができる(最高温度40℃)
  • 酸素系漂白剤による漂白処理ができる
  • タンブル乾燥(高温)が できる
  • ウエットクリーニングができる

従来表示と新表示の対比表

新表示は従来表示を単純に置き換えることはできません。

家庭洗濯

従来表示新表示

  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる
  • 液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい。洗濯機は使用できない
  • 液温は40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる
  • 家庭では水洗いはできない
  • 洗濯処理はできない

おしゃれ着用洗剤(エマール)では、または、のついた衣類(および「中性洗剤使用」の表記があるもの)が洗えます。

漂白

従来表示新表示

  • 塩素系漂白剤による漂白ができる
  • 塩素系および酸素系漂白剤による漂白処理ができる
  • 塩素系漂白剤による漂白はできない
  • 酸素系漂白剤による漂白処理ができるが、塩素系漂白剤による漂白処理はできない
  • 漂白処理はできない

表示のあるものには、色物・柄物にも安心して使える酸素系漂白剤(ワイドハイター等)が使えます。

絞り方

従来表示新表示

  • 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい
  • 絞ってはいけない
  • 該当なし (簡単な言葉で記号の近くに表記)

乾燥

従来表示新表示

  • 該当なし
  • 洗濯後のタンブル乾燥ができる 高温乾燥:排気温度の上限は最高80℃
  • 洗濯後のタンブル乾燥ができる 高温乾燥:排気温度の上限は最高60℃
  • 洗濯後のタンブル乾燥はできない
  • つり干しがよい
  • 脱水後、つり干し乾燥がよい
  • 日陰のつり干しがよい
  • 脱水後、日陰でのつり干し乾燥がよい
  • 平干しがよい
  • 脱水後、平干し乾燥がよい
  • 日陰の平干しがよい
  • 脱水後、日陰の平干し乾燥がよい
  • 該当なし
  • 濡れつり干し乾燥がよい
  • 日陰での濡れつり干し乾燥がよい
  • 濡れ平干し乾燥がよい
  • 日陰での濡れ平干し乾燥がよい

アイロン仕上げ

従来表示新表示

  • 210℃を限度とし、高い温度(180℃~210℃まで)でかけるのがよい
  • 底面温度200℃以下で(例:高温)アイロンがけができる
  • 160℃を限度とし、中程度の温度(140℃~160℃まで)でかけるのがよい
  • 底面温度150℃以下で(例:中温)アイロンがけができる
  • 120℃を限度とし、低い温度(80℃~120℃まで)でかけるのがよい
  • 底面温度110℃以下で(例:低温)アイロンがけができる
  • アイロンがけはできない
  • アイロンがけはできない
  • あて布を使用
  • 該当なし (「あて布使用」と記号の近くに表記)

業者によるクリーニング

従来表示新表示

  • パークロロエチレン等溶剤によるドライクリーニングができる
  • パークロロエチレン等の溶剤によるドライクリーニングができる
  • 石油系溶剤でのドライクリーニングができる。
  • 石油系溶剤でのドライクリーニングができる
  • ドライクリーニングはできない
  • ドライクリーニングはできない
  • 該当なし
  • ウエットクリーニングができる ※クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げによる洗濯
  • ウエットクリーニングはできない

関連記事