洗剤は、衣料によって「デリケートに洗うおしゃれ着洗い」か「それ以外のふだん着洗い」かでまず分けます。次に「汚れをしっかり落とす」「色合いや風合いを守る」などの目的によって洗剤を選びます。特長を知って使い分けると、洗い上がりが断然違ってきます。

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

一般洗濯用洗剤

綿(コットン)・合成繊維用の洗濯洗剤。洗浄力が高く、汚れをしっかり落とします。

粉末タイプ、液体タイプがあります。

蛍光剤配合洗剤

市販の白物衣料には白さを出すために、繊維の段階から蛍光剤が使われています。 蛍光剤は洗濯を繰り返すうちに落ちてしまうので、これを補い、もとの白さを保つ目的で蛍光剤が配合されている洗剤です。

白色、濃色衣料に使用できます。

<蛍光剤配合洗剤の例>

蛍光剤無配合洗剤

生成り、淡色の衣料には蛍光剤が使われていないので、蛍光剤が付着すると色合いが変わってしまうことがあります。

生成り、淡色衣料には、蛍光剤無配合の洗剤を使ってもとの色合いを保ちましょう。

<蛍光剤無配合洗剤の例(超コンパクトタイプ)>

 

<蛍光剤無配合洗剤の例>

ウール・おしゃれ着用洗剤

綿(コットン)・合成繊維はもちろん、毛(ウール)絹(シルク)などの動物繊維、 中性表示や中性洗剤使用の表示がされているデリケートなものまで洗えます。

新しい取扱い表示で、の衣料品には、ドライコースや手洗いコースなどのコースで、おしゃれ着洗剤を使って洗えます。

型くずれや毛羽立ち、色落ちや縮みを防ぎながら洗います (洗える衣料の詳細はこちら) 

<ウール・おしゃれ着用洗剤の例>

関連記事