WASHING GUIDE

洗濯の基本:汚れ・ニオイを落とすコツ

洗濯物の扱い、洗剤の量や水温に気を付けると、汚れ落ちが良くなり、嫌なニオイの発生も防ぐことができます。ポイントを押さえて、上手に洗濯しましょう。

※衣類の洗濯表示にの記号がついている場合、家庭では洗濯できません。洗濯の前にご確認ください。

洗濯物

ためこまない

洗濯物を洗わずに放っておくと、汚れが落ちにくくなります。また、汗をかいた衣類や濡れたタオルを放っておくと、菌が繁殖してニオイの原因になります。
洗濯槽を洗濯カゴ代わりにするのも、通気性が悪くなって洗濯槽の裏にカビ菌が繁殖しやすくなるため、避けましょう。

洗濯機に詰め込みすぎない

洗濯物が多すぎると、汚れをしっかり落としきれず、ニオイの原因にもなります。洗濯物量は、洗濯槽の約7~8割にしましょう。

洗剤

使い分け

洗濯用洗剤は、普段着に使う「一般洗濯用洗剤」と、デリケートな衣類を洗う「おしゃれ着用洗剤」の2種類に分けられます。洗う衣類や目指す仕上がり、使用する洗濯機によって適したものを選びましょう。

洗剤の種類と選び方

使用量の目安を守り、適量で

洗剤は少なすぎると、汚れ落ちが悪くなり、多すぎるとすすぎが不十分になります。洗濯機に入れる洗剤の量は、水量や洗濯物の量によって異なります。商品に記載されている使用量の目安を守って使いましょう。

漂白剤

洗剤と一緒に酸素系漂白剤を

洗剤と一緒に酸素系漂白剤を使うと、より効果的です。洗剤だけでは落としきれない汚れ・ニオイをしっかり落としてくれます。

※洗濯表示にの記号が付いている場合、漂白剤を使用できません。

水温

温度を上げる

水温が低いと、一般的に汚れ落ちは悪くなります。ふだん着洗いなら20~40℃が理想的。おしゃれ着洗いは、色落ちや縮みを防ぐため、30℃以下で洗います。冬など水温が低い場合には、お風呂の残り湯を利用するなど、温度を上げる工夫をしましょう。

※「すすぎ」には残り湯を使わず、必ず水道水を使いましょう。