WASHING GUIDE

衣類のシミ抜き:家庭でできるシミ抜き手順

通常のシミは洗濯前に前処理をして落としますが、ひどいシミ、時間がたったシミにはシミ抜きをしましょう。

※衣類の洗濯表示にの記号がついている場合、洗剤等を使ったシミ抜きはできません。
の記号が付いている場合、衣料用漂白剤は使用できません。事前にご確認ください。

シミ抜きの基本

早めの処置

シミは時間がたつと落としにくくなるので、早めに処置することが大切です。外出先ではシミを広げないように、ティッシュかハンカチで押さえるように移しとり、帰宅後すぐにシミ抜きや洗濯をしましょう。

外出先での応急処置

シミの周囲から始める

  • シミ抜きを行う際は輪ジミになるのを防ぐため、シミの周囲から始めるのが基本です。

    洗剤液を中心に垂らすとシミが広がるため、まわりから中心に向かって垂らしましょう。汚れがとれたら、絞ったタオルで輪ジミの部分をぼかすようにたたいて拭くと、周囲との差が目立たなくなります。

シミの種類に合わせる

シミの種類に合わせて、落とし方を変えましょう。シミは大きく分けて、「水溶性(水に溶けやすい)のシミ」「色素を含む、水溶性のシミ」「油を含むシミ」「牛乳のシミ」「ペンキ」「鉄サビ」などに分けられます。また、使う洗剤は洗濯表示に合わせるようにしましょう。

水溶性のシミ

「水溶性のシミ」には、しょうゆ・茶・コーヒー・ジュースなどがあてはまります。

用意するもの

  • 洗濯表示に合った液体タイプの洗濯用洗剤で、蛍光剤無配合のもの
  • 古歯ブラシ
  • タオル

シミ抜きの方法

  1. 乾いたタオルをたたんで敷き、シミのついた側がタオルに接するように衣類を置く
  2. 水をつけた歯ブラシでシミの周囲から中心に向かってたたき、下のタオルにシミを移す

    シミが落ちない場合は、洗剤を溶かした液を少量、歯ブラシにつけましょう。

  3. タオルの位置を変え、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたく
  4. 洗剤を使った場合は、水だけをつけた歯ブラシでたたいて洗剤を落とす
  5. きれいな水ですすいだタオルで、シミ抜きした境目の部分をぼかすようにたたく
  6. 乾いたタオルで水分を吸いとり、自然乾燥させる

色素を含む、水溶性のシミ

「色素を含む、水溶性のシミ」には、ワイン・血液・インクなどがあてはまります。

用意するもの

  • 洗濯表示に合った衣料用漂白剤
  • 古歯ブラシ
  • タオル

衣料用漂白剤:種類と選び方

シミ抜きの方法

手順は 「水溶性のシミ」と同様。洗濯用洗剤の代わりに、衣料用漂白剤を使用します。

タンパク質を含む血液は、お湯だと固まって落ちにくくなります。冷水で処理しましょう。

水性ペンキのシミ

用意するもの

  • 洗濯表示に合った液体タイプの洗濯用洗剤で、蛍光剤無配合のもの

シミ抜きの方法

  1. 少量の洗剤原液を、シミにつける
  2. 爪の先を使って細かくつまみ洗いをする
  3. 水ですすいだ後、洗濯機で通常通り洗濯

つまみ洗いの手順

油を含むシミ

「油を含むシミ」には、カレー・チョコレート・ドレッシング・ボールペン・ファンデーション・口紅などがあてはまります。

用意するもの

  • 洗濯表示に合った液体タイプの洗濯用洗剤で、蛍光剤無配合のもの
  • 古歯ブラシ
  • タオル

シミ抜きの手順

  1. 乾いたタオルをたたんで敷き、シミのついた側がタオルに接するように衣類を置く
  2. 少量の洗剤原液を、シミの周囲から中心に向かって垂らす

    洗剤をつけすぎるとすすぎにくくなるので注意しましょう。

  3. 周囲から中心に向かって歯ブラシでたたくか、爪の先を使って軽くつまみ洗いする
  4. タオルの位置を変え、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたく
  5. きれいな水ですすいだタオルで、シミ抜きした境目の部分をぼかすようにたたく
  6. 乾いたタオルで水分を吸いとり、自然乾燥させる

牛乳・母乳のシミ

用意するもの

  • 洗濯表示に合った洗濯用洗剤で酵素配合のもの

牛乳のシミはタンパク質汚れ。タンパク質を分解する酵素入りの洗剤を使いましょう。

  • 酸素系の衣料用漂白剤
  • 洗い桶・洗面台のシンクなど、つけおきをする場所

シミの落とし方

  1. 冷たい水を洗い桶に張る
  2. 酵素入りの洗剤と酸素系漂白剤を投入、衣類を入れて約30分つけおき
  3. 洗濯機で通常通り洗濯

油性ペンキのシミ

用意するもの

  • ペイント薄め液かラッカー薄め液
  • 洗濯表示に合った液体タイプの洗濯用洗剤で、蛍光剤無配合のもの
  • 綿棒
  • タオル

シミ抜きの方法

  1. 乾いたタオルをたたんで敷き、シミのついた側がタオルに接するように衣類を置く
  2. 綿棒にペイント薄め液を含ませてシミにつけ、タオルで素早く吸い取る
  3. 衣類を表に返し、少量の洗剤原液を、シミにつける
  4. 爪の先を使って細かくつまみ洗いをする
  5. 水ですすいだ後、洗濯機で通常通り洗濯

鉄サビ汚れ

用意するもの

  • 還元系漂白剤

    ※白物の衣類以外には使用できません

  • 洗い桶・洗面台のシンクなど、つけおきをする場所

サビの落とし方

  1. 約40℃の湯を洗い桶に張る
  2. 還元系漂白剤をよく溶かし、衣類を入れて約30分つけおき
  3. 水ですすぐ