WASHING GUIDE

洗濯物の干し方:シワや型くずれを防ぐコツ

洗濯シワや型くずれ、色あせを防ぐには、干す時のひと手間や、衣類に合わせた干し方が重要です。ポイントを押さえて、仕上がりを良くしましょう。

干す時のひと手間

シワを伸ばし、形を整えてから干すことで、仕上がりに大きく差が出ます。

シワを防ぐ方法

  1. 脱水が終わったら、衣類をすぐに取り出す
  2. 軽く振りさばいて、大きなシワを伸ばす
  3. 4つ折りくらいにたたみ、手のひらでパンパンとたたいて細かいシワを伸ばす
  4. シワが目立ちやすい部分(襟や縫い目)を引っ張って伸ばし、形を整えてから干す

センタープレスがあるパンツ類は、折り目に沿ってたたみ、引っ張りながら伸ばしましょう。

衣類に合わせた干し方

干し方は、洗濯表示で確認

どのような干し方をしたら良いのかは、衣類の洗濯表示のの記号で表されています。干す前に確認しましょう。

洗濯表示の記号の意味

つり干し

  • つり干しをする衣類は、の中心に、縦棒が記載されています。
  • つり干しをする衣類は、の中心に、縦棒が記載されています。

    の記号がついている場合、ハンガーにかけるか、ピンチハンガーなどでつるして干しましょう。

ハンガー干しをする際は、衣類のサイズに合ったハンガーを選んで型くずれを防ぎましょう。

平干し

  • 平干しをする衣類は、の中心に、横棒が記載されています。
  • 平干しをする衣類は、の中心に、横棒が記載されています。

    の記号がついている場合、型くずれを防ぐために、平干し用ハンガーやピンチハンガーの上に置いて干しましょう。

濡れ干し

洗濯機による脱水や手でねじり絞りをしないで干す(濡れ干し)衣類は、の中心に二重線が記載されています。の記号が付いている場合、脱水せずに干しましょう。水が垂れて干す場所がない場合は、タオルで挟んで軽く押さえ、したたらない程度に水分を取ってから干しましょう。

陰干し

  • 日陰で干す衣類は、の左上に、ひさしや屋根を意味する斜線が記載されています。
  • 日陰で干す衣類は、の左上に、ひさしや屋根を意味する斜線が記載されています。

    の記号が付いている場合、陰干しをして、紫外線による色あせを防ぎましょう。

  • 日陰で干す場所がない場合は、まわりをタオルなどで囲って直射日光を遮ると良いでしょう。

洗濯物の干し方:速く乾かすコツ