WASHING GUIDE

洗濯物の干し方:速く乾かすコツ

洗濯物の乾きを速くするには、空気の通りを良くする干し方が重要です。速く乾くと、時短になるだけでなく、生乾きのニオイの発生も防ぐことができます。ポイントを押さえて干しましょう。

速く乾く干し方

重なり合わないように干す

洗濯物同士が密着していると、なかなか乾きません。空気が通りやすくなるように、衣類同士がなるべく重なり合わないように干しましょう。

厚手の衣類や大物は、干し方を工夫

筒状のつり干し

ピンチハンガーを使って筒状に干すことで、空気を通りやすくします。厚手のパンツやジーンズ、スカート類を干す時に活用しましょう。

厚手のパンツやジーンズ、スカート類は、裏返してポケットを外側に出すと速く乾きます。

M字干し

物干しざおを2本使い、M字になるように干します。毛布やシーツ、厚みのある大物類を干す時に活用しましょう。

三角干し

物干しざおに対角線にかけて干します。空気のあたる部分が多くなり、水滴も角になった部分に集まるので、乾きやすくなります。毛布やシーツ、厚みのある大物類を干す時に便利です。

じゃばら干し

角ハンガーを使って、じゃばらになるように干します。シーツやバスタオルなど薄手の大物類を干す時に活用しましょう。

家電の活用

部屋干しは、除湿や風を当てる

扇風機やサーキュレーターなどを利用し、洗濯物に直接風を当てると早く乾きます。エアコンのドライ機能や除湿機を利用して湿度を下げるのも有効です。

洗濯機の乾燥機能の活用

洗濯機の乾燥機能を使って、30分ほど乾燥させてから干すと、洗濯シワは少なく、洗濯物の乾きが速くなります。生乾きのときに、20分ほど仕上げ乾燥として利用することもおすすめです。

洗濯物の干し方:シワや型くずれを防ぐコツ