WASHING GUIDE

アイロンがけの基本:設定とかけ方のコツ

傷めずキレイに仕上げるには、素材に合わせた設定や、シワにならないようにアイロンがけをすることが重要です。コツをつかめば簡単。ポイントを押さえて、上手に仕上げましょう。

※衣類の洗濯表示にの記号がついている場合、家庭ではアイロンがけできません。事前にご確認ください。

アイロンがけの事前準備

衣類毎の設定温度を洗濯表示で確認

アイロンの底面温度の上限は、衣類の洗濯表示のの記号の中の、点「●」の数で表されます。また、あて布の使用が必要な衣類は、「あて布使用」などの言葉で記号の近くに記載されます。アイロンをかける前に確認しましょう。

200℃以下(高温)

点が3つ記載されたの洗濯表示がついている場合、底面温度の上限は、200℃以下(高温)です。耐熱性がある、綿(コットン)や麻などが当てはまります。

150℃以下(中温)

点が2つ記載されたの洗濯表示がついている場合、底面温度の上限は、150℃以下(中温)です。高温で変質したりする、毛(ウール)・絹(シルク)・ナイロン・ポリエステル・レーヨン・キュプラなどが当てはまります。

110℃以下(低温)

点が1つ記載されたの洗濯表示がついている場合、底面温度の上限は、110℃以下(低温)です。熱に弱い、アクリル・ポリウレタンなどが当てはまります。

アイロンがけの順番を決める

複数の衣類にアイロンをかける時は、設定温度が低いものから順にかけましょう。アイロンはいったん熱くなると、なかなか温度が下がりません。

アイロン台に衣類を広げ、手で整える

アイロンをかける前に、衣類のシワを手で伸ばし、アイロン台の上でできるだけ形を整えましょう。広げるところは広げ、タックやプリーツのようにたたむ部分はきちんとたたみましょう。

アイロンがけのコツ

細かい部分から広いところへ順番に

アイロンがけは、細かい部分から広いところへかけていくのが基本です。先に広いところからかけると、細かい部分をかけているうちに、かけ終わった部分にシワがついてしまいます。シャツならえりやそで口(カフス)が先、身ごろは最後にかけます。

空いた手で、縫い目を引っ張る

アイロンをかけていない方の手で、縫い目や布地を引っ張りながらアイロンをかけると、シワが伸ばしやすくなります。空いた手で縫い目をピンと引っ張りながら、アイロンを押さえるようにかけましょう。

細かい部分はアイロンの先を活用

ボタンまわりや、スカートのギャザーなどの細かい部分はアイロンの先を使ってかけましょう。細かいところは、アイロンの先端でゆっくり押さえるようにするとキレイにシワがとれます。

ドライとスチームの使い分け

衣類の素材や目的によって、ドライとスチーム、どちらが最適か変わります。「ドライ設定」はアイロンの熱だけでシワを伸ばし、「スチーム設定」は、アイロンの底面から蒸気(スチーム)が出て、大量の蒸気の力でシワを伸ばす方法です。

ドライが向いているとき

  • 綿、麻など十分な水分が必要な素材で、霧吹きやアイロン用仕上げ剤を使うとき

水分を飛ばしながら細かいシワを取って仕上げるため、霧吹き使用時はドライ設定にします。

  • 絹などの薄物に生乾きでかけるとき
  • ポリエステルなどの合成繊維

スチームが向いているとき

  • 毛などのシワをのばしたいとき
  • パンツに折り目をつけたいとき
  • セーターの形を整えたいとき
  • 薄手の綿製品をキレイに仕上げたいとき

アイロン用仕上剤を使う

ドライ設定でアイロンがけをする際は、「アイロン用シワとり剤」や「アイロン用のり剤」などのアイロン用仕上剤を使いましょう。

アイロン用シワとり剤

アイロンのすべりを軽くして、細かいシワもラクに取れます。

アイロン用のり剤

アイロンがけの際に手軽にのりづけができ、衣類をパリッときれいに仕上げます。特にえりやそで口に使うのがおすすめです。

アイロン後の注意事項

たたむ前に湿気をとる

熱や湿気が残っているうちにたたむと、シワの原因になります。しばらくハンガーにかけ、干してからたたみましょう。