アイロンがけが上手にできるようになると、仕上がりが格段に違います。
苦手な人も多いアイロンがけも、コツをつかめば簡単。ポイントを押さえて、上手に仕上げましょう。

 2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

アイロンがけの準備

絵表示の確認

絵表示を確認して、適温でかけましょう。

何枚もアイロンがけするときは、低い温度のものから順にかけます。

※絵表示に アイロンがけ不可 があるときは、アイロンがけはできません。

※新表示があるときは、アイロンがけはできません。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

用意するもの

  • 衣類
  • アイロン
  • アイロン台
  • ドライ設定の場合は、霧吹きまたはアイロン用仕上げ剤
  •  アイロンあて布 がついているものや、テカる素材の場合は、あて布
    ※新表示にはあて布に関する記号はありません。
    (「あて布使用」と記号の近くに表記)

アイロン用仕上げ剤を使うと、シワをとりやすくなります。

アイロンがけの準備

安定する場所にアイロン台を置き、アイロンを置きます。

アイロンは適温にセットしておきます。

上手に仕上げるポイント

スチームとドライを上手に使い分ける

衣料の種類や目的によって、スチームとドライのどちらが最適か変わります。

上手に使い分けましょう。

薄物は生乾きのときにかける

ワイシャツやブラウスなどの薄手の衣類は、生乾きのときにかけると、ラクにキレイにシワが伸びます。

縫い目が乾かないときはアイロンがけの後、ハンガー干ししてください。

アイロン台の上でまず衣類を整える

アイロンをかける前に、衣類のシワを手で伸ばし、アイロン台の上でできるだけ形を整えましょう。

広げるところは広げ、タックやプリーツのようにたたむ部分はきちんとたたみましょう。

細かい部分や厚みのある部分を先にかける

アイロンがけは細かい部分や厚みのある部分から始めるのが基本。シャツならえりやそで口などから先にかけ、身ごろは後にかけます。

先に広い部分からかけると、細かい部分をかけているうちにシワがついてしまいます。

縫い目を引っ張りながらかける

前立てにかけるときは、左手で縫い目をピンと引っ張りながら、右手のアイロンを押さえるようにかけます。

縫い目や端にしっかりアイロンをかけると、ピシッと仕上がります。

アイロンの先や道具を活用する

上着の肩やパンツの腰など、丸みがある部分は、丸めたバスタオルを中に入れてかけると立体的に仕上がります。

ブラウスのボタンまわりやスカートのギャザーなどの細かい部分は、アイロンの先を使いましょう。

たたむ前に湿気をとる

熱や湿気が残っているうちにたたむとシワになってしまいます。

しばらくハンガーにかけてからたたみましょう。

 

関連記事