えりやカフス、肩の縫い目などをていねいにかけると、キレイに仕上げることができます。
アイロン用仕上げ剤やアイロン用のり剤をうまく活用しましょう。

1. えりをかける

1. 裏側のえり先から中心に向かってかける

裏側から、えりの縫い目を引っ張りながら、えり先から中心に向かってかけます。

2. 表をかける

表をかける

同様に表からかけます。

細かいところは、アイロンの先端でゆっくり押さえるようにするとキレイにシワがとれます。

形態安定加工のワイシャツなら、えりはノーアイロンでOK。

2. 肩(ヨーク)をかける

1. ヨークの下を折り返してたたんでかける

ヨークの下を折り返してたたんでかける

ヨーク(生地が二重になっている部分)の下10cmくらいを軽く折り返してたたみ、えりを立てた状態でアイロンをかけます。

折り返したところのシワは、あとでアイロンをかけるので気にせずかけましょう。

肩やえり、そで口など、人の目につくところをシワなく仕上げれば、全体がキレイに見えます。

3. そで口をかける

1. カフスをかける

カフスをかける

カフスは、シワがよらないように、端から中央にむかってアイロンをかけます。裏、表の順にかけるとキレイに仕上がります。

形態安定加工のワイシャツなら、カフスはノーアイロンでもOK。

2. タックをかける

タックをかける

カフスを2つに折って、台にのせ、タックのひだをととのえてから、そっと押さえるようにアイロンをかけます。

4. そでをかける

1. 縫い目をかける

縫い目をかける

そで下の縫い目をもとに、手で全体をととのえてから、縫い目を脇のほうに向かってかけます。

2. そでぐり、そで山をかける

そでぐり、そで山の順にかけます。

3. 肩の線をつける

肩の線をつけます。

4. そで全体をかける

ひっくり返して、そで全体をかけます。

あいている手で、縫い目や布地をひっぱったり、のばしたりしながらあてると、シワになりくくなります。

形態安定加工のワイシャツなら、そでは洗濯ジワが気になるところだけ、サッとかければOK。

5. 身ごろをかける

1. 右前身ごろをかける

広い部分は、アイロンを大きくゆっくり動かします。

ボタンまわりは、アイロンの先をボタンの間に入れて押さえます。

2. 後ろ身ごろをかける

全体に軽くアイロンをすべらせます。タックのあるものは、手でまっすぐととのえてから根元を軽く押さえます。

3. 左前身ごろをかける

左前身ごろをかける

一番目立つ左前身ごろは最後にかけます。前立て(ボタンホール部分)をサッと押さえたあと、全体に軽くかけます。

 

 

関連記事