WASHING GUIDE

アイロンがけの基本:ワイシャツの仕上げ方

キレイに見せるコツは、人目につきやすい、えりやそで口、肩の部分をていねいにかけること。アイロンがけの順番を守り、アイロン用仕上げ剤を活用して仕上げましょう。

※衣類の洗濯表示にの記号がついている場合、家庭ではアイロンがけできません。事前にご確認ください。

用意するもの

  • アイロン
  • アイロン台
  • 霧吹きまたはアイロン用シワとり剤
  • アイロン用のり剤(えり・そで口に使用)

安定する場所にアイロン台を置き、アイロンは洗濯表示に合わせた適温にセット、ドライ設定にしておきます。

アイロンがけの基本:設定とかけ方のコツ

ワイシャツのアイロンがけ

1. えり(裏→表)

えりの裏側からスタート。空いた手で引っ張りながら、端から中央に向かってかけましょう。アイロンを持ち替えて、反対側からも同様に。表にひっくり返して、表側も同じようにかけます。

逆の端まで一気にかけるとシワが寄ることも。アイロンを持ち替えて両端からかけましょう。

2. 肩(ヨーク)

肩の部分をアイロン台の端にひっかけて、えりを立てた状態で肩の部分を平らに広げ、アイロンがけします。

3. そで口(裏→表)

裏側からスタート。そで口を広げ、えりと同様、空いた手で引っ張りながら、両端から中央に向かってかけましょう。表に返して、表側も同じようにかけます。そで口のタックは手で整えて、上から押さえるようにかけましょう。

4. そで(そで下→そでぐり→そで山)

そで下の縫い目で折り、手で全体を整えておきます。進行方向の縫い目を空いた手で引っ張りながら、脇のほうに向かってかけましょう。

そで下から、そでぐり、そで山とアイロンをかけ、そで口まで戻ってきたら、衣類をひっくり返して反対側も同様にかけます。

5. 身ごろ(右前→後ろ→左前)

ボタンのついている右前身ごろからスタート。肩をアイロン台の端にかけ、広げて整えます。

広い部分はアイロンを大きくゆっくり動かして、ボタンまわりはアイロンの先を使って押さえます。後ろ身ごろは、全体にアイロンをかけた後、タックを手でまっすぐ整え、根元を軽く押さえるようにかけましょう。左前身ごろは、前立て(ボタンホール)を空いた手でひっぱりながらかけた後、全体に軽くかけましょう。

ポケットは、下から上へすべらせるようにかけましょう。