WASHING GUIDE

シルクのシャツ・ブラウス:洗濯方法

美しい光沢をもつシルク。摩擦によって毛羽立つと、光沢が損なわれやすいため、やさしく手早く洗濯しましょう。アイロンは生乾きの状態でかけることで、シワなく仕上がります。

※衣類の洗濯表示にの記号がついている場合、家庭では洗濯できません。事前にご確認ください。

洗濯前の確認事項

洗濯機の設定

コース設定

洗濯機のコースは「おしゃれ着(ドライ)コース」などの、やさしく洗えるコースに設定します。

※コースの名称と内容は、洗濯機の機種によって異なりますので、洗濯機の取扱説明書を確認しましょう。

脱水の設定

衣類の洗濯表示で、乾燥のやり方を示すの記号の中心に二重線が記載されている()場合、「脱水なし」に設定しましょう。濡れ干しの記号でない場合も、シワになりやすいので、脱水は1分以内が目安です。

色落ちの確認

初めて洗うときは、目立たないところに使用する液体洗剤の原液をつけ、5分ほどおいて白い布などで押さえます。布に色が付いたら、単独で洗いましょう。

洗濯機を使った洗い方

シミや汚れを前処理

シミやえり汚れがある場合は、おしゃれ着用洗剤の原液を汚れに塗布し、指でなじませておきましょう。

洗濯ネットに入れて洗う

表面の毛羽立ちや擦れ、そでのからまりを防ぐため、洗濯ネットを使います。ボタンは留めて、汚れた部分が外側になるようにたたみ、目の粗い洗濯ネットに入れましょう。

洗剤・柔軟剤の投入

洗剤は、洗濯時の摩擦を防いで、仕上がりなめらかに洗い上げる「おしゃれ着用洗剤」を使用します。繊維同士の摩擦を抑え、手触りよく仕上げるため、柔軟剤もセットしましょう。

洗濯機を使わない洗い方(手洗い)

振り洗いで洗濯

衣類の洗濯表示で、手洗いを示すの記号の衣類も、洗濯機の「おしゃれ着(ドライ)コース」で洗濯できますが、色落ちする衣類を単独で洗う場合など、手洗いの方が便利なこともあります。

手洗いをする際は、30℃以下の水に洗剤をよく溶かし、シャツ・ブラウスを入れて、素早く振るように洗いましょう。

振り洗いの手順

タオルを使って脱水する

手で軽く押さえて水を切ったあとは、バスタオルなど大きめのタオルにはさんで水気を取りましょう。

干し方

干す前に洗濯シワを取る

洗濯が終わったら、衣類をすぐに取り出します。シャツ・ブラウスの肩の部分を持って振りさばき、大きなシワを伸ばします。

ハンガー干しする

ハンガーにかけたら第1ボタンまで留め、えり、前立て、ポケット、そでや脇の縫い目を軽く引っ張って整えましょう。

シルクは紫外線で黄変するため、必ず日陰で干しましょう。

アイロンのかけ方

生乾きのうちに、裏面からドライで

乾いてからではシワが取れにくいので、生乾きのうちに、裏面から中温のドライでアイロンがけをしましょう。

※衣類の洗濯表示の記号の近くに「あて布使用」などの言葉が記載されている場合は、薄手の布で覆った上からアイロンをかけましょう。

スチーム、霧吹き、アイロン用仕上剤はシミになる場合があるので、使わないでください。

アイロンがけの基本:設定とかけ方のコツ